ユーザー インターフェイスの外部でファイル共有を作成できます。

手順

  1. 一般的な手順で Windows フォルダを作成します。
    • エージェントのファイル共有(つまり、エージェント ソフトウェアのアップデートで使用するファイル共有)である場合は、フォルダに「agentFiles」という名前を付ける必要があります。後で、いくつかのサブフォルダが作成され、そのうちの 2 つのフォルダが使用されます。これらのサブフォルダについて、次に説明します。
      サブフォルダの名前 説明
      cdsClient このフォルダには、VMware の担当者が構成したアップグレード サーバから自動的にダウンロードされたエージェントファイルが含まれます。
      hotpatch このフォルダには、ユーザーが手動で保存したエージェント ファイルが含まれます。VMware の担当者から特に指示がない限り、この操作を実行する必要はありません。
    • アプリケーション/イメージのファイル共有の場合、任意の名前を付けることができます。
  2. ファイル共有フォルダで次の設定を行います。
    • ファイル共有がテナント ドメインに参加していることを確認します。
    • 共有を有効にします。
    • ドメイン ユーザーにこの権限を追加します。
  3. ユーザー インターフェイスでファイル サーバを追加する場合には、次の情報をメモします。
    • 前の手順で追加したドメイン ユーザーのユーザー名とパスワード。
    • ファイル共有フォルダのソース パス。

次のタスク

ユーザー インターフェイスでファイル共有を追加します。 [インフラストラクチャ] ページでのファイル共有の追加を参照してください。