[全般設定] ページから全般設定の編集や証明書のアップロードを行うことができます。

手順

  1. [設定] > [全般設定] を選択します。
  2. [編集] をクリックします。
  3. 次の設定の変更を行います。
    オプション 説明
    ネットワーク [ネットワーク] リストには、現在使用しているネットワークのリストが表示されます。このリストは編集できません。 サービス プロバイダに問い合わせて、ネットワークを編集するか、ネットワークを追加します。
    デフォルトのドメイン 編集するデフォルト ドメイン。
    セッション タイムアウト
    • Client ハートビートの間隔:Horizon Client ハートビートの間隔と接続の状態を制御します。これらのハートビートによって、経過したアイドル時間の長さがブローカに報告されます。アイドル時間は、デスクトップ セッションにおけるアイドル時間とは対照的に、エンド ポイント デバイスとのやりとりがない場合に発生します。大規模なデスクトップのデプロイ環境では、アクティビティ ハートビートの間隔を長く設定すると、ネットワーク トラフィックを低減し、パフォーマンスを向上できる場合があります。
    • Client アイドル ユーザー:テナントに接続している間、ユーザーが操作しなくてもよい最大時間。この最大時間に達すると、アクティブなすべての Horizon Client デスクトップ セッションからユーザーが切断されます。ユーザーは、Horizon Client に再度アクセスするために、再認証する必要があります。
      注: デスクトップから予期せずに切断されないように、少なくとも [Client ハートビートの間隔] の 2 倍の値になるように [Client アイドル ユーザー] を選択します。
    • Client ブローカ セッション:認証の有効期限が切れるまで、Horizon Client インスタンスがテナントに接続できる最大時間。タイムアウトまでの時間は、ユーザーが認証するたびに毎回最初からカウントが開始されます。タイムアウトが発生しても、作業を続行できます。設定の変更など、ブローカと通信するアクションを実行すると、再度認証して、デスクトップに再ログインするように要求されます。
      注: [Client ブローカ セッション] のタイムアウトは、少なくとも [Client ハートビートの間隔] と [Client アイドル ユーザー] のタイムアウトの合計値以上にする必要があります。
    • ユーザー ポータルのタイムアウト:接続を確立するときに、再度ログインが必要になるまでどれだけの時間ユーザー ポータルで作業できるか示します。
    • 管理ポータルのタイムアウト:セッションがタイムアウトするまでに管理コンソールで経過するアイドル時間。
    ユーザー ポータルの構成 この機能は廃止されました。
    HTML Access タブを閉じたときに認証情報をクリーンアップ - [HTML Access ポータル接続] タブを閉じた場合に、ブローカ セッションの認証情報を削除するかどうかを制御します。
    通知 Active Directory の接続や認証エラーなどのようなシステムの問題に関する通知を受け取るようにするユーザーのメール アドレスをカンマ区切りで入力します。
    注: この機能が動作するようになるには、Site24x7 の連携が完了している必要があります。
    RDSH ファーム RDSH ファームのポリシー パラメータを定義します。
    • セッションの有効期間のリマインダ メッセージ - このメッセージは、指定された猶予期間後にログオフされることをユーザーに通知します。

      デフォルトのメッセージは「Dear user, your session has reached the maximum lifetime, you will be logged off in {0} minutes」です。[猶予期間] フィールドに指定した値は、ユーザーに表示されるメッセージの「{0}」を置き換えます。

    • 猶予期間 - セッションの有効期間のリマインダ メッセージの後でユーザーがログオフされるまでの時間。
    プール/ファーム オプション

    クライアントの再試行を有効にする - このオプションは、クラウド内で基盤となる仮想マシンがパワーオフされた状態で、エンド ユーザーが Horizon Client を使用してデスクトップまたはリモート アプリケーションに接続しようとした場合の結果を制御します。割り当てまたは RDSH ファームの電源管理設定の結果、クライアントの要求を処理するためのパワーオンされた仮想マシンの容量が不足している可能性があります。接続が開始すると、Horizon Cloud は要求を処理するのに必要な基盤となる仮想マシンのパワーオンを開始します。ただし、基盤となる仮想マシンがパワーオンしているときに、仮想マシンの Horizon Cloud エージェントはまだ起動しておらず、Horizon Client の接続要求に応答できません。クライアントが接続を開始してからエージェントが起動するまでには時間がかかることがあるため、このオプションを使用して、クライアントが自動的に接続を再試行するようにし、エンド ユーザーに予想される時間を通知することができます。このシナリオでは、[クライアントの再試行を有効にする] トグルが [はい] に設定されていると、クライアントは予想される待ち時間についてのメッセージをエンド ユーザーに通知します。

    1. Horizon Cloud は、エンド ユーザーのクライアント要求に対応するため、クラウド内の基盤となる仮想マシンのパワーオンを開始します。
    2. Horizon Cloud は、仮想マシンのエージェントが起動して実行状態になると Horizon Client に接続を再試行するよう通知します。
    3. クライアントは、クライアントが接続を再試行するまでの予想される待ち時間についてのメッセージをユーザーに表示します。
    監視
    ユーザー セッション情報を有効にする - この機能を使用すると、クラウド監視サービス (CMS) はユーザーとドメイン データを [レポート] ページのレポートに使用できます。無効にすると、以下の機能は使用できません。
    • [使用率] レポートの [一意のユーザー サマリ] 機能
    • [セッション履歴] レポート
    注: 仮想マシン(RDSH および VDI)のエージェントは、Horizon Cloud にデータを送信するためのアウトバウンド インターネット アクセスを必要とします。
    お問い合わせ先情報 管理者と技術者の連絡先情報。
  4. [保存] をクリックします。