[デスクトップ容量とモデル定義] ページで、キャパシティ モデルのコレクションを編集、有効化、または無効化することができます。

前提条件

手順

  1. [キャパシティ モデルのコレクション] リストでコレクションを選択します。
  2. 以下の説明に従って、[コレクションの定義] の下の情報を編集します。
    設定 説明
    有効
    • コレクションを有効にするには、[はい] を選択します。
    • コレクションを無効のままにするには、[いいえ] を選択します。
    カスタム モデル デフォルトでは、各コレクションには 1 つのカスタム デスクトップ モデルが関連付けられています。追加のカスタム デスクトップ モデルをコレクションに追加することはできません。
    • [はい] を選択して、コレクションに関連付けられているカスタム デスクトップ モデルを有効にします。
      カスタム デスクトップ モデルは、仕様値の範囲によって定義されたモデルです。次に例を示します。
      • 仮想 CPU:1-8
      • vRAM (GB):1-32
      • HD (GB):30-120
      カスタム デスクトップ モデルを使用すると、テナント管理者は、割り当てを作成するときにデスクトップの仕様を柔軟に選択できます。
    • 関連付けられたカスタム デスクトップ モデルなしでコレクションを定義するには、[いいえ] を選択します。[いいえ] を選択した場合、デスクトップ モデルのリストには引き続きカスタム デスクトップ モデルが表示されますが、無効になります。最初にキャパシティ モデルのコレクションを更新し、カスタム モデル設定で [はい] を選択しない限り、この機能を有効にすることはできません。
    vGPU
    • コレクションの vGPU を有効にするには、[はい] を選択します。
    • コレクションの vGPU を無効にするには、[いいえ] を選択します。
    注: この設定を行う前に、次の情報を確認します。
    • vGPU ベースのキャパシティは、GPU 対応のデスクトップ マネージャにのみマッピングできます。
    • GPU 対応のデスクトップ マネージャは、GPU デスクトップ専用です。非 GPU デスクトップを作成しないでください。
    • 同じコンピューティング/デスクトップ マネージャに、異なる vGPU を持つ複数の GPU デスクトップを設定できます。この場合の制限は、GPU リソースの使用率が低い可能性があることです。
    • GPU デスクトップではメモリを予約する必要があるため、GPU コンピューティングではメモリの割り当てを使用できません。
    • vMotion と DRS は、GPU デスクトップではサポートされていません。
    重要: vGPU に割り当てられたコンピューティング リソースは、同種である必要があります。
    • NVIDIA コンピューティング リソース(NVIDIA GRID ハードウェアを使用した VMware vCenter Server クラスタ)をサービス センターにインポートする場合は、すべてのホストに同じ NVIDIA GRID カード(タイプとメモリ)が適合していることを確認します。たとえば、Tesla V100 を使用している場合は、Tesla V100 16 GB と 32 GB のカードを混在させないでください。
    • NVIDIA ドライバでは現在、同じ NVIDIA GPU で vGPU プロファイルを混在させることはできません。結果として、Horizon DaaS のベスト プラクティスは次のとおりです。
      • NVIDIA コンピューティング リソースをテナント デスクトップ マネージャ(専用またはパーティショニング済み)に割り当てる場合は、割り当てられる vGPU プロファイルを 1 つ、またはできる限り少ない数に制限します。これにより、テナントのイメージ管理が簡素化され、vGPU ハードウェアが最適に使用されるようになります。
      • NVIDIA コンピューティング リソースがパーティショニングされている場合は、すべてのテナントに同じ vGPU プロファイルが割り当てられていることを確認します。
    詳細については、『 NVIDIA 仮想 GPU ソフトウェア ユーザー ガイド』を参照してください。
  3. [コレクションの定義の更新] をクリックします。
    「コレクションが正常に完了しました」というメッセージが表示されます。
  4. [OK] をクリックします。
    変更内容が [コレクションの定義] の下に表示されます。

結果

例:

次のタスク