エンド ユーザーがクラウドに接続されたポッドから仮想デスクトップ、セッションベースのデスクトップ、およびリモート アプリケーションにアクセスするための割り当てを作成できます。この記事では、エンド ユーザーの割り当てに使用される Universal Broker などのコネクション ブローカについて簡単に説明し、テナント環境にデプロイされているポッドのタイプに基づいて作成できる割り当ての種類について説明します。

ブローカの設定

Horizon Cloud テナント環境には、次のいずれかのブローカ構成を含めることができます。コネクション ブローカは、割り当てに対するクライアント ユーザーの接続要求を管理し、その要求を満たす適切なリソースへの接続セッションをネゴシエートします。

各種のコネクション ブローカの詳細、その構成時期や構成方法については、Universal Broker とシングルポッド ブローカの概要を参照してください。

  • Universal Broker タイプ - VMware SDDC ベースのプラットフォーム上の Horizon ポッドと、Microsoft Azure にデプロイされた Horizon Cloud ポッドの両方に関連します。
  • シングルポッド ブローカ - Microsoft Azure にデプロイされた Horizon Cloud ポッドにのみ関連します。

Microsoft Azure にデプロイされたポッドのリソースを使用して構成できるエンド ユーザー割り当て

Microsoft Azure のテナントのポッドの仲介方法として Universal Broker が構成されている場合は、次のタイプの割り当てを構成できます。

Microsoft Azure のテナントのポッドの仲介方法としてシングルポッド ブローカが選択されている場合は、次のタイプの割り当てを構成できます。

クラウド接続された Horizon ポッドからのリソースを使用して構成できるエンド ユーザーの割り当て

クラウド接続された Horizon ポッドの統合された可視性、健全性監視、ヘルプ デスク サービスを提供する Horizon Cloud 機能に加え、マルチクラウド割り当てを作成できます。マルチクラウド割り当てでは、Universal Broker を使用して、仮想デスクトップなどのポッド リソースをエンド ユーザーに割り当てます。

Horizon Cloud テナントのクラウド接続された Horizon ポッドのリソースに基づいたマルチクラウド割り当ての構成に関する概要情報については、Horizon Cloud テナントの Horizon Cloud マルチクラウド割り当て (MCA) をセットアップするするための手順の概要を参照してください。