Microsoft Azure のポッドで NSX Cloud 機能を使用する場合は、ポッドからプロビジョニングされた NSX で管理されている仮想マシンとの通信を許可するために、NSX Manager で一部の分散ファイアウォール ルールを有効にする必要があります。これらのルールを有効にしないと、エンドユーザーはデスクトップまたはリモート アプリケーションを起動してログインできなくなります。

NSX Manager では、これらのルールを有効にして、トラフィックを指示どおりに許可します。表で、デスクトップ プールという語句は、RDSH ファームまたは VDI デスクトップ割り当てを指します。

トラフィック タイプ ソース 送信先 サービス/プロトコル/ポート
Horizon HTML Access (Blast) トラフィック ポッドの Unified Access Gateway 仮想マシン デスクトップ プール
  • VMware-View-PCoIP/TCP/4172
  • VMware-View5.x-PCoIP/UDP/4172
  • HTTPS/TCP/443
  • Horizon Blast UDP/UDP/22443
  • Horizon Blast TCP/TCP/22443
  • Horizon-USB-RedirectionIn/TCP/32111
  • Horizon-Beat/TCP-8443
  • Horizon-TCP-Side-Channel/TCP/9427
デスクトップ プールからポッド マネージャへのトラフィック デスクトップ プール ポッドのマネージャ仮想マシン
  • VMware-View5.x-JMS/TCP/4001
  • デスクトップ メッセージング サーバ/TCP/3099
  • VMware-View7/TCP/4002
デスクトップ プールから Active Directory ドメイン サーバへのトラフィック デスクトップ プール ポッドのマネージャ仮想マシン
  • 任意