次の手順は、エージェントをインストールする前に、Microsoft Windows クライアント オペレーティング システムがある仮想マシンを手動で準備するためのものです。Microsoft Azure ポータルを使用し、新しい仮想マシンに接続してこれらの手順を実行します。

概要レベルでは、実際にエージェントをインストールする前に仮想マシンを準備する手順は次のとおりです。

  1. [パスワードは無期限です] に、仮想マシンのローカル管理者アカウントのプロパティを設定します。デフォルトでは、作成された仮想マシンのローカル セキュリティ ポリシーにより、アカウントには 42 日間のパスワードの最大有効期間が設定されています。このローカル管理者アカウントのパスワードが有効期限切れにならないようにすると、後でこのローカル アカウントを使用できなくなる可能性がなくなります。Horizon Cloud イメージ公開のワークフローは、仮想マシンのローカル管理者アカウントを使用し、作成されるシールドされた仮想マシンをドメインから削除します。アカウントのパスワードの有効期限が切れるようにすると、将来のある時点において、イメージを公開するときに問題が発生する可能性があります。
  2. Horizon Agents Installer を仮想マシンにダウンロードします。

前提条件

Microsoft Azure のポッドに仮想マシンを手動で作成する の手順を完了させます。これらの記載されている手順以外で Microsoft Azure で作成したベース仮想マシンを使用している場合は、ベース仮想マシンがMicrosoft Azure から Horizon Cloud に仮想マシンを手動で構築してインポートするに示されている条件を満たしていることを確認します。

注意: Microsoft Azure から Horizon Cloud に仮想マシンを手動で構築してインポートするで説明するように、 [ストレージ - 管理対象ディスクを使用][はい] に設定し、正しい仮想ネットワークとサブネットを使用して仮想マシンが作成されていることを確認します。そうでない場合、この仮想マシンを構成してエージェントに関連するコンポーネントをインストールした後も Horizon Cloud で使用することができなくなり、最初から作成し直す必要があります。

構成に費やした時間を無駄にしないよう、仮想マシンがその基準を満たしていることを事前に確認するには、Horizon Cloud にログインして、[インベントリ仮想マシン] ページに移動し、仮想マシンが一覧表示されているかを確認します。一覧表示されている場合は、仮想マシンが上記の基準を満たしているので構成の手順を安心して続けることができます。

手順

  1. ポータルのダッシュボードで仮想マシンのアイコンをクリックし、概要ページを開きます。
  2. [接続] をクリックします。

    Microsoft Azure のベース Windows 10 仮想マシンの [接続] ボタン

    ブラウザの設定に応じて、ブラウザは RDP ファイルをダウンロードするか、ユーザーに保存または実行するよう求めます。
  3. この RDP ファイルを使用して、仮想マシンへのリモート デスクトップ接続を開きます。
    仮想マシンの作成ウィザードで指定したデフォルトのユーザー名とパスワードを使用します。ドメインなしでログインするには、ユーザー名の先頭にバックスラッシュ (\) を含めます。
    Windows RDP のログイン画面

  4. [リモート デスクトップ接続] 画面で、証明書の警告に対して [はい] をクリックします。
    これはオペレーティング システムへの最初のログインであるため、Windows によりネットワーク プロンプトの質問が右側に表示される場合があります。プロンプトは、ネットワーク上の PC、デバイス、およびその他のアイテムを自動的に検索するかを尋ねます。ネットワーク プロンプトが表示される場合は、 [いいえ] をクリックして閉じます。
  5. 仮想マシンで、[パスワードは無期限です] に、仮想マシンのローカル管理者アカウントのパスワードを設定します。
    ローカル管理者アカウントのパスワードを設定する方法の 1 つとして、 lusrmgr.msc を実行してアカウントのプロパティを更新することで、ローカル ユーザーとグループを開くことができます方法があります。

次のタスク

エージェントに関連するソフトウェア コンポーネントをインストールするには、ポッドのマニフェスト バージョンに適用されるトピックに記載されている手順を実行します。

注: ドメイン アカウントを使用して仮想マシンにログインできるようにする場合は、必要に応じて仮想マシンを Active Directory ドメインに参加させることができます。それ以外の場合は、ローカル管理者アカウントを使用して、エージェント ソフトウェアをインストールし、仮想マシンをカスタマイズするときに仮想マシンにログインします。