Horizon ポッドで構成されたマルチクラウド割り当てからデスクトップ プールを削除するには、一連の適切な手順を適切な順序で実行する必要があります。最初にプールを含む割り当てを変更してから、プールの [クラウド管理] 設定をクリアする必要があります。

このシーケンスを完了すると、デスクトップ プールは Horizon Console で構成されたローカル資格で使用可能になります。
重要: マルチクラウド割り当てからデスクトップ プールを削除するには、常に一連の適切な手順を使用します。 Horizon Console[クラウド割り当て] 設定を手動でクリアしてプールを削除しないでください。 [クラウド割り当て] を手動でクリアしても、プールはマルチクラウド割り当てとの関連付けを保持し、 Universal Broker は割り当てを要求しているユーザーにプールからデスクトップをプロビジョニングできます。

手順

  1. Horizon Cloud 管理コンソール で、デスクトップ プールを含むマルチクラウド割り当てを編集します。
    1. コンソールの左ペインで、[割り当て] をクリックします。[割り当て] メニューから [オンプレミスおよび VMware Cloud] を選択します。
    2. [割り当て] ページで、デスクトップ プールを含む割り当ての横にあるチェック ボックスをオンにして、[編集] をクリックします。
    3. [デスクトップ割り当ての編集] ウィザードで、[デスクトップ] ページに移動し、削除するデスクトップ プールを選択解除します。
    4. [終了] をクリックします。
  2. デスクトップ プールを含むポッド内の Connection Server インスタンスの Horizon Console ユーザー インターフェイスにログインします。次に、プールの構成設定を変更します。
    1. Horizon Console で、[インベントリ] > [デスクトップ] の順に選択します。
      [プールの編集] ウィザードが開きます。
    2. リストからデスクトップ プールを選択し、[編集] をクリックします。
    3. [デスクトップ プールの設定] タブをクリックします。[全般] で、[クラウド割り当て] 設定がクリアされていることを確認します。
      Horizon Cloud 管理コンソール でマルチクラウド割り当てからプールを削除すると、 [クラウド割り当て] 設定は自動的にクリアされます。
    4. [全般] で、[クラウド管理] 設定をクリアします。
      これで、 Horizon Console のローカル資格でプールが使用できるようになります。

      次のスクリーンショットは、ローカル資格で使用可能で、マルチクラウド割り当てに参加しなくなったデスクトップ プールの構成を示しています。


      [クラウド管理] および [クラウド割り当て] 設定がクリアされた Horizon コンソールの [プールの編集] ウィザード
    5. [OK] をクリックして [プールの編集] ウィザードを閉じます。