組織がそれらのリソースへのエンドユーザー接続用に構成した完全修飾ドメイン名(FQDN)にブラウザをポイントすることにより、ユーザーが資格を付与した Horizon Cloud 環境のリソースにアクセスできます。

次の手順では、ブラウザを使用して、ポッドで提供されるデスクトップを起動します。

注: VMware Workspace ONE® Access™ 環境との統合が構成されている場合、エンド ユーザーはその環境を使用して自分のデスクトップおよびリモート アプリケーションにアクセスする必要があることがあります。 シングルポッド仲介を使用した Horizon Cloud 環境では、エンド ユーザーが Workspace ONE Access を使用して、使用資格が付与されたデスクトップやアプリケーションにアクセスすることを強制します。を参照してください。

前提条件

  • Horizon HTML Access に関する最新の情報を確認します。たとえば、Horizon HTML Access の最新のサポート情報を VMware 製品の相互運用性マトリクス (https://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php) で確認し、また、対応するドキュメントを Horizon HTML Access のドキュメント ページ (https://docs.vmware.com/jp/VMware-Horizon-HTML-Access/index.html) で確認します。
  • 組織の DNS 情報から、たとえば desktops.mycorp.example.com など、Microsoft Azure でこの Horizon Cloud ポッドへのエンド ユーザー接続のために、ドメイン名システム (DNS) で組織が関連付けている完全修飾ドメイン名 (FQDN) を取得します。

    たとえば、ポッドがエンドユーザー接続に Unified Access Gateway を使用するように構成されている場合、組織の DNS には、ゲートウェイで構成された FQDN を、Azure ロード バランサの自動生成されたパブリック FQDN にマッピングする CNAME レコードがあります。DNS サーバでマッピングする Horizon Cloud ポッドのゲートウェイのロード バランサ情報の取得方法を参照してください。

  • システムが基盤となるデスクトップ仮想マシンまたは RDSH 仮想マシンの電源をオンにする必要がある場合に、エンドユーザーの Horizon HTML Access クライアントが自動的に接続を再試行するようにするには、[クライアントが電源オフの仮想マシンを待機することを許可する] オプションを [はい] に設定します。このオプションは Horizon Universal Console のブローカ ページにあります。バージョン 4.10 以降の Horizon HTML Access クライアントには、この機能が実装されています。
  • VDI デスクトップ、セッション デスクトップまたはリモート アプリケーションが割り当てられているユーザーの認証情報があることを確認します。

手順

  1. ブラウザを https://<desktops-FQDN> という形式の URL にポイントします。desktops-FQDN は、エンド ユーザー接続のために DNS に追加された完全修飾ドメイン名です。
    たとえば、会社の DNS に myDesktops.example.com の FQDN が関連付けられている場合は、ブラウザを https://myDesktops.example.com にポイントします。
  2. デスクトップ割り当てを持つユーザーの認証情報を使用してログインします。

結果

ユーザーの割り当てを示すアイコンがブラウザに表示されます。ユーザーはそのアイコンをクリックして、デスクトップまたはアプリケーションを起動できます。