ファームの RDSH 仮想マシンのタイム ゾーンとエンド ユーザーのタイム ゾーンが異なる場合、デフォルトでは、そのユーザーが RDS セッションベースのデスクトップに接続すると、デスクトップにはファームの RDSH 仮想マシンのタイム ゾーンの時間が表示されます。タイム ゾーン リダイレクト グループ ポリシー設定を有効にすることにより、セッションベースのデスクトップにローカル タイム ゾーンの時間を表示することができます。このポリシー設定はリモート アプリケーション セッションにも適用されます。

前提条件

  • Active Directory サーバでグループ ポリシー管理機能が使用できることを確認します。

    グループ ポリシー管理コンソールを開く手順は、Windows 2012、Windows 2008、および Windows 2003 Active Directory の各バージョンによって異なります。お使いのオペレーティング システムのバージョン用の Windows オンライン ヘルプを参照してください。

  • Horizon RDS ADMX ファイルが Active Directory に追加されていることを確認します。VMware Horizon 製品のドキュメントに記載されているこれらの手順の例については、VMware Horizon 製品のドキュメントのドキュメント トピックActive Directory への ADMX テンプレート ファイルの追加を参照してください。
  • グループ ポリシー設定について理解しておきます。同じ VMware Horizon ドキュメントで、RDS デバイスおよびリソース リダイレクト設定を参照してください。

手順

  1. Active Directory サーバで、グループ ポリシー管理コンソールを開きます。
  2. ドメインと [グループ ポリシー オブジェクト] を展開します。
  3. グループ ポリシー設定用に作成した GPO を右クリックし、[編集] を選択します。
  4. グループ ポリシー管理エディタで、[コンピュータの構成] > [ポリシー] > [管理用テンプレート] > [Windows コンポーネント] > [リモート デスクトップ サービス] > [リモート デスクトップ セッション ホスト] > [デバイスとリソースのリダイレクト] の順に移動します。
  5. [タイム ゾーン リダイレクトの許可] の設定を有効にします。