2019 年 9 月の Horizon Cloud リリース以降、そのリリースのマニフェスト バージョンに更新したポッドと、そのリリース レベルで新しく作成されたポッドには、高可用性を有効にするためのオプションがあります。機能が現在有効になっていないポッドの場合は、次の手順に従って高可用性を有効にできます。

Microsoft Azure での高可用性と Horizon Cloud ポッドでの説明のとおりに、高可用性のためにポッドが有効になっているときは、2 台のマネージャ仮想マシンがあります。ポッドの詳細ページで高可用性が有効になっていないと示されているときは、ポッドにはマネージャ仮想マシンが 1 台しかありません。その後、ポッドを編集して高可用性を有効にすると、2 台目のマネージャ仮想マシンがポッドのリソース グループにデプロイされ、その仮想マシンはポッドの Microsoft Azure ロード バランサおよび可用性セットで構成されます。

重要: 高可用性のためにポッドを有効にすることは、1 回限りのアクションです。高可用性のためにポッドを有効にすると、後で構成を元に戻して、ポッドでこの機能を無効にすることはできません。

[ポッドの編集] ワークフローの手順を実行して更新を確認した後に、ポッドがデプロイされている Microsoft Azure サブスクリプションで次のサービス アクションが発生します。全体のプロセスが完了するまで約 30 分かかることがあります。

  • 一時的なジャンプ ボックスがデプロイされ、2 番目のポッド マネージャ仮想マシンをインスタンス化するアクションと、既存の Azure ロード バランサ、Azure PostgreSQL データベース、およびその他の必要なポッド関連タスクへの適切な接続を行うアクションが調整されます。ジャンプ ボックスのアーティファクトを含む一時的なリソース グループがそのサブスクリプションに作成されます。ジャンプ ボックスのリソース グループには、Microsoft Azure にデプロイされたポッド用に作成されたリソース グループの説明どおりのパターンに従って名前が付けられます。
  • vmw-hcs-images-region リソース グループに一時ストレージ アカウントが作成されます。ここでのregion は、eastuswestus2 など、ポッドの Microsoft Azure リージョンです。サービスにより、この一時ストレージ アカウントのネットワークが構成され、すべてのネットワークからのアクセスを許可して、ジャンプ ボックスがストレージ アカウントのコンテンツにアクセスできるようにします。
  • ジャンプ ボックスは、2 番目のポッド マネージャ仮想マシンをデプロイして構成タスクを実行するために必要なアクションを調整します。
  • 構成タスクが完了すると、サービスはジャンプ ボックスのアーティファクト、そのリソース グループ、および vmw-hcs-images-region リソース グループ内の一時ストレージ アカウントを削除します。

前提条件

Horizon Universal Console を使用してワークフローの手順を実行する前に、次の基準を満たしていることを確認します。

  • 高可用性を有効にするには、ポッドのソフトウェアがマニフェスト バージョン 1600 以降である必要があります。ポッドのマニフェスト バージョンを確認するには、[キャパシティ] ページからポッドの詳細ページに移動します。
  • ポッドが 1600 より前のマニフェスト バージョンから更新された場合は、高可用性のために有効にする前に、ポッドのすべてのイメージ仮想マシン、ファーム RDSH 仮想マシン、およびデスクトップ割り当て仮想マシン上のエージェントを、2019 年 9 月のエージェントのリリース レベルに更新する必要があります。エージェントの更新の詳細については、Horizon Cloud ポッド - VDI デスクトップ割り当て、ファーム、公開イメージ、ベース仮想マシンにインストールされたエージェント関連ソフトウェアの更新およびそのサブトピックを参照してください。
  • ポッドによって使用されるサブスクリプションに、Horizon Cloud ポッドでのシステム構成アクションに使用される一時ジャンプ ボックス仮想マシンの作成に対応できる、十分な割り当てとコアがあることを確認します。このジャンプ ボックス仮想マシンは、ポッドのロード バランサなどの、ポッドのリソースでの構成更新アクティビティを調整します。構成アクティビティが完了すると、システムはジャンプ ボックスとそのアーティファクトおよびリソース グループを削除します。
  • サブスクリプションに、追加のポッド マネージャ仮想マシンの作成に対応できる、十分な割り当てとコアがあることを確認します。
  • 追加のポッド マネージャ仮想マシンをデプロイし、高可用性のためにポッドを構成するアクションの一環として、サービスがポッドのサブスクリプション内の vmw-hcs-images-region リソース グループに一時ストレージ アカウントを自動的に作成します。ここでの region はポッドの Microsoft Azure リージョンと一致します。サービスにより、この一時ストレージ アカウントが BLOB ストレージのために構成され、すべてのネットワークからのアクセスを許可して、一時的なジャンプ ボックスがストレージ アカウントのコンテンツにアクセスできるようにします。したがって、このワークフローを実行する前に、コンソールでアクションを確認してからサブスクリプションでサービスのアクションが完了するまでの間に、リソース グループに一時ストレージ アカウントが自動作成されないようにする可能性がある、Azure Policy での制限ポリシーがサブスクリプションにないことを確認する必要があります。

    サブスクリプションにこのようなポリシーが強制的に適用されている場合は、次のオプションを検討して、サービスにより必要な一時ストレージ アカウントを作成できるようにします。

    • ポリシー定義を更新して、vmw-hcs-images-region リソース グループにこのようなストレージ アカウントを作成できるルールを追加する。Azure Policy の定義の構造を参照してください。
    • この手順を実行する前に、そのポリシーを一時的に無効にする。サブスクリプションでサービスのアクションが完了するまでに約 30 分かかります。完了すると、ポリシーを再度有効にできます。
    いずれのオプションも使用できない場合は、Customer Connect でサポート リクエストを提出する方法 (VMware KB 2006985)の説明に従って、サポートを受けるために VMware テクニカル サポート リクエスト (SR) を提出してください。
重要: サブスクリプションに BLOB ストレージのストレージ アカウントの作成を妨げるポリシーがあり、 vmw-hcs-images-region リソース グループ内のすべてのネットワークからのアクセス用に構成されている場合、ジャンプ ボックスをデプロイした直後、および追加のポッド マネージャ仮想マシンの作成前に、サービスのワークフローが停止します。この問題が発生した場合は、前の段落で説明したように、サポートを受けるために VMware テクニカル サポート リクエスト (SR) を提出してください。

手順

  1. [キャパシティ] ページからポッドの詳細ページに移動します。
  2. [編集] をクリックします。
  3. [高可用性] セクションで、[有効] トグルをオンに切り替えます。
  4. [保存して終了] をクリックします。
  5. 本当に更新してよいか確認します。

結果

サービスによって、ポッドで高可用性を有効にするようにアクティビティを調整するジャンプ ボックス仮想マシンのリソース グループが作成され、ジャンプ ボックス仮想マシンがデプロイされます。このサービスは、vmw-hcs-images-region リソース グループに一時ストレージ アカウントも作成します。ここでの region はポッドの Microsoft Azure リージョンと一致します。ジャンプ ボックス仮想マシンは、ポッドの構成の更新を調整します。構成タスクが完了すると、サービスはジャンプ ボックスのリソース グループ、そのアーティファクト、および一時ストレージ アカウントを削除します。

ポッドの詳細ページで、クラスタのステータスに [保留中] の状態が表示されます。構成アクティビティが完了すると、クラスタのステータスに [準備完了] の状態が表示されます。全体のプロセスが完了するまで約 30 分かかります。