このドキュメント ページでは、第 1 世代の Horizon Universal Console が第 1 世代の Horizon Cloud 環境からライセンス関連情報を取得するために提供する方法について説明します。

Horizon Cloud テナントには、さまざまなタイプのライセンス関連情報を関連付けることができます。これらのタイプには通常、VMware Horizon サブスクリプション ライセンス、VMware 基本製品のキー(Horizon ライセンスに含まれている場合)、テナントで使用できるアドオン ライセンスなどがあります。

注: すべての VMware SKU が、VMware の基本製品、またはすべての基本製品( vSpherevSANvCenterなどの製品)のライセンスの対象となるわけではありません。Horizon Cloud Service アカウントに関連付けられている VMware SKU が VMware 基本製品ライセンスの対象外の場合、コンソールの [生成] アクションでその基本製品のキーは生成されません。

VMware 基本製品のキーを取得するためにのみログインする

Horizon Cloud テナントに関連付けられているライセンスに vSpherevSANvCenter などの VMware 基本製品が含まれ、Horizon Cloud 顧客管理者ロールで Horizon Universal Console にログインすると、コンソールの [はじめに] ページに [無期限キーの表示] リンクが表示されます。

前述の要件を満たしていない場合、コンソールには [無期限キーの表示] リンクは表示されません。

次のスクリーンショットは、前述の要件を満たしている場合にのみ [はじめに] ページにこの [無期限キーの表示] リンクが表示される場所を示しています。


[無期限キーの表示] リンクの場所を示すスクリーンショット。緑色の矢印がその場所を指しています。

このリンクが表示された場合は、そのリンクをクリックすると、次の機能を提供するユーザー インターフェイス画面が表示されます。

  • Horizon Cloud 顧客管理者ロールを持つテナントの管理者の 1 人によって以前に生成されたプロダクト キーの表示とコピー。
  • ログイン時に VMware Customer Connect ユーザーという要件を満たしている場合は、プロダクト キーを生成します。VMware Customer Connect に関連付けられたログインでのみ、[生成] 機能を使用できます。

キーの表示またはコピー

[無期限キーの表示] をクリックすると、次のスクリーンショットに示すユーザー インターフェイス画面が表示されます。この画面には、このテナントに関連付けられている可能性のあるさまざまな VMware 基本製品が一覧表示されています。このユーザー インターフェイスには、キーがすでに生成されている製品と生成されていない製品が示されます。

以前に生成されたキーの場合は、キーの行のアイコンを使用してキーを表示するか、キーをコピーします。次のスクリーンショットでは、コールアウト [1] はキーの表示を切り替えるアイコンを指し、コールアウト [2] はキーをクリップボードにコピーするアイコンを指します。


vCenter Server 製品用に生成された無期限キーを含む、製品リストが表示された [無期限キー] 画面。吹き出し 1 はキーの表示を切り替えるアイコンを指し、吹き出し 2 はキーをクリップボードにコピーするためのアイコンを指します。

キーの生成

表示される無期限キーのリストを見るときに、VMware Customer Connect ユーザーのログインである場合は、特定の VMware 製品の新しいキーを生成できます。製品のドロップダウン リストからバージョンを選択し、[生成] をクリックします。

注: ライセンスは、 VMware Customer Connect ポータルに表示されます。コンソールの [生成] アクションを使用して生成した無期限キーは、 VMware Customer Connect ポータルに表示されません。新しいキーを生成するには、第 1 世代の Horizon Universal Console にログインしてこのドキュメント ページに記載されている手順を使用するか、第 1 世代コンソールへのログイン アクセス権がない場合は、VMware のサポート リクエストを開き、キーの送信を依頼してください。

生成機能を指す緑色の矢印が付いた [無期限キー] ユーザー インターフェイス画面。

システムがすべての要件が満たされていることを確認すると、その行のアイコンを使用して表示およびコピーできるキーが生成されます。

キーを生成したいが、現在 VMware Customer Connect ユーザーではない場合は、ユーザー インターフェイス画面に VMware Customer Connect ユーザーになる方法を学ぶための [Customer Connect ユーザーになる方法について] リンクが表示されます。

テナントに Active Directory ドメインが最低 1 つ登録されている場合

Horizon Cloud テナントに少なくとも 1 つの Active Directory ドメインが登録されている場合にのみ、[ライセンス] ページという名前のユーザー インターフェイス ページを表示できます。

設計上、左側のナビゲーションにあるコンソールのすべてのページへのアクセスは、[はじめに] ユーザー インターフェイス ページを除いて、最初の登録が完了するまでブロックされます。

[ライセンス] ページは、最初のドメイン登録が完了するまでアクセスがブロックされているユーザー インターフェイス ページの 1 つです。

ただし、テナントに少なくとも 1 つのドメインが登録されている場合は、コンソールの左側のナビゲーション [設定] > [ライセンス] から [ライセンス] ページにアクセスできます。

コンソールに [ライセンス] ページが表示され、1 つのライセンスが一覧表示されているスクリーンショット。左側のメニューの [ライセンス] オプションの緑色の矢印が [ライセンス] ページの見出しを指しています。

[ライセンス] ページには、次の条件が満たされている場合にのみ [無期限キーの表示] リンクが表示されます。それ以外の場合、このリンクは存在しません。

  • テナントに、vSpherevSANvCenter などの VMware 基本製品を含む、関連付けられた Horizon サブスクリプション ライセンスがあります。
  • Horizon Cloud 顧客管理者ロールを使用して コンソールにログインしています。

このリンクが表示された場合は、そのリンクをクリックすると、次の機能を提供するユーザー インターフェイス画面が表示されます。

  • このページのキーの表示またはコピーセクションの説明に従った、以前に生成されたプロダクト キーの表示とコピー。
  • このページのキーの生成セクションの説明に従った、プロダクト キーの生成。VMware Customer Connect に関連付けられたログインでのみ、[生成] 機能を使用できます。

[ライセンス] ページ

次の表に、[ライセンス] ページに表示される情報の種類を示します。

フィールド 説明
SID サービス インスタンス ID。この値は、サブスクリプションごとに生成される一意の識別子です。この値は、VMware Customer Connect のログイン ページにある SID の関連付けられたサブスクリプション リスト ページを開くために使用できるハイパーリンクでもあります。このハイパーリンクをクリックすると、ログイン ページが表示されます。
シート合計 ライセンスに含まれているシート数。
課金 課金のタイプとライセンスの合計期間。課金のタイプは以下のとおりです。
  • 支払い済み - ライセンスの開始時に課金が 1 回発生しました。
  • 毎月 - ライセンス期間中の各月に課金が 1 回発生します。
  • 試用版 - 試用版ライセンスであるため、課金は発生しません。
タイプ 特定のライセンスのタイプ。表の行ごとに、この列に表示される名前は、このテナントでの使用にも関連付けられている、Customer Connect アカウントの VMware サブスクリプション ライセンスおよびアドオン ライセンスの 1 つになります。たとえば、Horizon Service UniversalVMware Workspace ONE Assist for VMware Horizon などです。
分類 ライセンスの分類は次のとおりです。
  • 名前付き - この分類は、このライセンスの合計シート数がエンドユーザー名に基づいて使用量をカバーすることを示します。指定ユーザーの場合、システムは、このテナントを使用して仮想デスクトップとアプリケーションにアクセスした固有エンド ユーザーの数をカウントします。指定ユーザーが複数の単一ユーザー デスクトップ、公開デスクトップ、または公開アプリケーションを実行する場合でも、そのユーザーは単一ユーザーとしてカウントされます。
  • 同時実行 - この分類は、このライセンスの合計シート数が同時実行に基づいて使用量をカバーすることを示します。同時ユーザーの場合、システムは、セッションあたりの単一ユーザー デスクトップ接続数をカウントします。同時ユーザーが複数の単一ユーザー デスクトップを実行している場合、接続された各デスクトップ セッションは個別にカウントされます。
開始日 ライセンスがアクティブになった日付。