Horizon Cloud Connector 1.8 以降をデプロイし、デプロイ ウィザードで [ベーシック機能] プロファイルを選択した場合は、Horizon サブスクリプション ライセンス サービスのみが有効になります。クラウド接続された Horizon ポッドの追加の Horizon Cloud Service を有効にする場合は、Horizon Cloud Connector アプライアンス上の SSH セッションでコマンドを実行します。

オプションで、次のいずれかのクラウドホスト型サービスを有効にすることができます。

クラウド監視サービス
クラウド監視サービス (CMS) を使用すると、クラウドに接続されたポッド内およびポッド全体の容量、使用状況、および健全性を監視できます。CMS を有効にするには、最初に特定の Horizon ポッドの CMS 機能をサポートする Connection Server 監視サービスを有効にする必要があります。

CMS の詳細については、Horizon Cloud で提供されるクラウド監視サービスの統合された可視性、健全性監視、およびヘルプ デスク機能の紹介を参照してください。

クラウド ブローカ クライアント サービス
クラウド ブローカ クライアント サービスは、Horizon ポッドでの Universal Broker の使用をサポートします。 Universal Broker を使用し、Horizon ポッドのリソースに基づいてマルチクラウド割り当てを構成する場合は、クラウド ブローカ クライアント サービスを有効にする必要があります。

Universal Broker およびマルチクラウド割り当ての詳細については、Horizon Cloud テナント環境での仲介方法とエンドユーザー割り当ての設定のサブトピックを参照してください。

イメージ ローカリティ サービス
イメージ ローカリティ サービスは、Horizon ポッドでの Horizon Image Management Service の使用をサポートします。 Horizon Image Management Service を使用して、Horizon ポッドからシステム イメージを追跡および管理する場合は、イメージ ローカリティ サービスを有効にする必要があります。

Horizon Image Management Service の詳細については、「クラウドからの Horizon イメージの管理」のトピックを参照してください。

重要: 次のガイドラインに従います。
  • Horizon Cloud Connector 1.7 以前をデプロイした場合、または [フル機能] プロファイルでバージョン 1.8 以降のアプライアンスをデプロイした場合は、これらのアクティベーション手順を実行しないでください。いずれの場合も、サポートされているすべての Horizon Cloud Service はすでに有効で実行されています。
  • これらの手順は、アプライアンスのデプロイ時に [ベーシック機能] プロファイルを選択した場合にのみ使用してください。
  • サービスを有効にした後は、手動で無効にしないでください。サービスを無効にすると、予期しない結果が生じる可能性があります。

手順

  1. ポッドの vSphere 環境にデプロイされている Horizon Cloud Connector アプライアンスに移動し、有効にする追加のサービスに必要なリソース キャパシティを構成します。
    有効にする追加サービス 最小リソース
    Connection Server 監視サービス 合計 7 個の vCPU、8 GB のメモリ (RAM)、40 GB のデータストア
    クラウド ブローカ クライアント サービス 合計 6 個の vCPU、8 GB のメモリ (RAM)、40 GB のデータストア
    イメージ ローカリティ サービス 合計 6 個の vCPU、7.5 GB のメモリ (RAM)、40 GB のデータストア
    上記のサービスの 2 つ以上 合計 8 個の vCPU、8 GB のメモリ (RAM)、40 GB のデータストア
  2. 使用する各サービスを有効にして起動します。
    1. Horizon Cloud Connector アプライアンスで SSH (Secure Shell) セッションを開き、root ユーザーとしてログインします。
    2. 有効にする各サービスに対応するコマンドを実行します。
      Connection Server 監視サービス(クラウド監視サービスに必要)
      systemctl enable csms
      systemctl restart csms
      クラウド ブローカ クライアント サービス
      systemctl enable cbcs
      systemctl restart cbcs
      イメージ ローカリティ サービス
      systemctl enable ils
      systemctl restart ils
  3. Connection Server 監視サービスを有効にした場合は、[設定] > [全般設定] の順に移動し、[クラウド監視サービス] の設定がオンになっていることを確認します。