管理コンソールの [インポートされた仮想マシン] ページには、Horizon Cloud 環境に取り入れられた仮想マシン (VM) が一覧表示されます。

仮想マシンの横のチェック ボックスを選択し各アクションをクリックして、表示されている仮想マシンで次のアクションを実行できます。一部のアクションは、[詳細] オプションにあります。

注:
  • Microsoft Azure Marketplace からイメージをインポートするプロセスが失敗すると、失敗に関するシステム通知が生成され、[エージェントのバージョン] 列に [失敗] リンクが表示されます。そのリンクをクリックすると、[通知] ページが開いて、失敗の原因を確認することができます。
  • [インポートされた仮想マシン] ページは自動的には更新されません。アクションを実行した後、現在のステータスを確認するには、更新アクションをクリックする必要があります。たとえば、仮想マシンがパワーオフの状態で [パワーオン] アクションを選択すると、パワーオンのプロセスが開始したときにページには [進行中] と表示され、ページを更新するまでそのステータスが表示され続けます。
アクション 説明
名前の変更

ページに [名前の変更] アクションが表示されても、このアクションは Microsoft Azure 環境から仮想マシンに使用されません。

仮想マシンの電源およびゲスト OS のアクション

Microsoft Azure の仮想マシンの場合、利用可能なオプションは [パワーオン][パワーオフ][再起動] です。

削除 選択した仮想マシンを削除します。
イメージに変換 選択した仮想マシンを Horizon Cloud がファームまたは VDI デスクトップ割り当てに使用できるイメージに変換します。構成済みのマスター仮想マシンを割り当て可能デスクトップ イメージに変換を参照してください。
注: 変換する前に、必要なすべてのアプリケーションとドライバが仮想マシンにインストールされていることを確認してください。
エージェント ペアリングをリセット 仮想マシンと Horizon Cloud のペアリングを管理するエージェントの状態を更新します。通常、このアクションは次のシナリオで使用します。
  • Microsoft Azure Marketplace から仮想マシンをインポートするための自動化されたワークフローを使用して最近インポートされたマスター仮想マシンの場合:このシナリオでは、このアクションにより、ワークフローが仮想マシンにインストールしたエージェント ソフトウェアが再起動され、インポートされた仮想マシンとクラウド プレーンのペアリングが完了します。

    Microsoft Azure から仮想マシンをインポートするための手動ワークフローを使用して手動で作成し、エージェント ソフトウェアをインストールしたマスター仮想マシンの場合:このシナリオでは、このアクションにより、ワークフローが仮想マシンにインストールしたエージェント ソフトウェアが再起動され、インポートされた仮想マシンとクラウド プレーンのペアリングが完了します。

    [エージェントのステータス] 列にエラー メッセージが表示されているリストされた仮想マシンの場合:このシナリオでは、このアクションはエージェント ソフトウェアを再起動してペアリングの障害を修復し、仮想マシンとクラウド プレーンをペアリングします。