[監視] を使用して、さまざまなダッシュボード、表示、およびレポートに移動します。環境の使用状況および環境内の管理者とユーザーのアクティビティの調査、システム通知の参照、およびさまざまなレポートの表示を実行できます。

[監視] をクリックして、次のページに移動します。

オプション 説明
[ダッシュボード] 全体的な環境に関する情報を表示します。これにはポッドの健全性ステータス、キャパシティと使用率レベル、エンドユーザーのアクティビティなどが含まれます。
[アクティビティ] 管理者およびエンド ユーザーのアクティビティの詳細、および監査ログを提供します。
[レポート] エンド ユーザーのデスクトップおよびアプリケーション セッションに関するさまざまなレポートへのアクセスを提供します。
注: 使用率、傾向、および履歴分析のためのユーザー セッション情報の監視を無効にした場合、関連付けられているデータ レポートは無効になり、[レポート] ページに表示されません。監視機能が無効になっている場合、システムはリアル タイムの管理を可能にするためにそのようなユーザー セッション情報を限られた期間で収集し、ユーザー名をハッシュします。その間、そのユーザー情報の履歴および集計の表示は無効になります。その結果、セッション履歴レポートなど、通常そのデータの履歴および集計を表示するレポートは利用できません。ユーザー セッション情報の監視を有効にする方法については、 Horizon Cloud テナント環境のカスタマイズ可能な全般設定の「監視」セクションを参照してください。
[通知] 重要なイベントなど、システムについての情報を提供する通知をリストします。