次の手順を使用して、ポッドの RDSH ファームでの使用を予定している手動作成のマスター サーバ仮想マシンを準備します。これらの手順は、Horizon Cloud Agent 関連のソフトウェアをインストールする前に実行します。Microsoft Azure ポータルを使用して、新しい仮想マシンに接続します。

概要レベルでは、エージェントをインストールする前にマスター仮想マシンを準備する手順は次のようになります。

  1. RDS の役割を有効にします。
  2. [パスワードは無期限です] に、仮想マシンのローカル管理者アカウントのプロパティを設定します。デフォルトでは、作成された仮想マシンのローカル セキュリティ ポリシーにより、アカウントには 42 日間のパスワードの最大有効期間が設定されています。このローカル管理者アカウントのパスワードが有効期限切れにならないようにすると、このローカル アカウントが後で使用できなくなる可能性がなくなります。Horizon Cloud イメージ公開のワークフローは、仮想マシンのローカル管理者アカウントを使用し、作成されるシールドされた仮想マシンをドメインから削除します。アカウントのパスワードの有効期限が切れるようにすると、将来のある時点において、そのアカウントを使用して仮想マシンにログインすることができない状況になります。
  3. Horizon Agents Installer を仮想マシンにダウンロードします。

前提条件

Microsoft Azure のポッドに仮想マシンを手動で作成する の手順を完了させます。ここで記載している手順以外で Microsoft Azure で作成したベース仮想マシンを使用している場合は、そのベース仮想マシンがMicrosoft Azure でマスター仮想マシンを手動で構築するに示されている条件を満たしているようにします。

注意: Microsoft Azure でマスター仮想マシンを手動で構築するで説明するように、 [ストレージ - 管理対象ディスクを使用][はい] に設定し、正しい仮想ネットワークとサブネットを使用して仮想マシンが作成されていることを確認します。そうでない場合、この仮想マシンを構成してエージェントに関連するコンポーネントをインストールした後も Horizon Cloud で使用することができなくなり、最初から作成し直す必要があります。

仮想マシンがその基準を満たしていることを事前に確認して、構成に時間を費やさないようにするには、Horizon Cloud にログインして [インベントリ仮想マシン] ページに移動し、仮想マシンが一覧表示されているか確認します。一覧表示されている場合は、仮想マシンが必要な基準を満たしているので、構成を安全に進めることができます。

手順

  1. ポータルのダッシュボードで仮想マシンのアイコンをクリックし、概要ページを開きます。
  2. [接続] をクリックします。

    Microsoft Azure のベース サーバ仮想マシンの [接続] ボタンの場所

    ブラウザの設定に応じて、ブラウザは RDP ファイルをダウンロードするか、ユーザーに保存または実行するよう求めます。
  3. この RDP ファイルを使用して、仮想マシンへのリモート デスクトップ接続を開きます。
    仮想マシンの作成ウィザードで指定したデフォルトのユーザー名とパスワードを使用します。ドメインを使用せずにログインするには、ユーザー名の前にバックスラッシュ (\) を追加します。
    Windows RDP のログイン画面

  4. [リモート デスクトップ接続] 画面で、証明書の警告に対して [はい] をクリックします。
    このログインはオペレーティング システムへの最初のログインであるため、Windows によりネットワーク プロンプトの質問が右側に表示されます。プロンプトは、ネットワーク上の PC、デバイス、およびその他のアイテムを自動的に検索するかを尋ねます。

    Server Manager がその初回構成ウィザードを自動的に開きます。

  5. [いいえ] をクリックして、画面の右側にあるネットワーク プロンプトを閉じます。
  6. 次の手順を使用して、仮想マシン内の RDS の役割を有効にします。
    RDS ロールを有効にすると、RDSH ファームでこのサーバ仮想マシンを使用し、セッションベースのデスクトップとリモート アプリケーションを提供できます。
    1. Microsoft Azure ポータルで、手順 2の説明に従ってパワーオンした仮想マシンに接続します。
    2. Server Manager ダッシュボードで [ロールと機能の追加] をクリックします。

      Server Manager - ロールと機能の追加

    3. [ロールベースまたは機能ベースのインストール] を選択して、ウィザードを進みます。
    4. [サーバの選択] の手順では、デフォルトの設定のままにして [次へ] をクリックします。
    5. [サーバ ロール] 手順で、[リモート デスクトップ サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。
    6. [機能] の手順では、デフォルトの設定のままにして [次へ] をクリックします。
    7. クリックして [ロール サービス] 手順に進み、[リモート デスクトップ セッション ホスト] を選択します。
    8. オプションとして、リモート デスクトップ ライセンス診断機能ツールに関するプロンプトの設定を保持します。
    9. プロセスを開始します。
      ウィザードが RDS の役割のインストールを開始します。画面に再起動が保留中であることが表示されたら、ウィザードを閉じて、RDP セッションを閉じます。
    10. Microsoft Azure ポータルで、[停止] クリックして仮想マシンを完全にパワーオフします。
    11. 仮想マシンが完全に停止したことがポータルに反映されたら、[開始] をクリックして再びパワーオンします。
    12. 前述のように、パワーオン状態である仮想マシンに再接続します。
      ウィザードに [完了] の手順が表示され、成功を示すメッセージが表示されたら、 [閉じる] をクリックしてウィザードを閉じます。
  7. 仮想マシンで、[パスワードは無期限です] に、仮想マシンのローカル管理者アカウントのパスワードを設定します。
    ローカル管理者アカウントのパスワードを設定する方法の 1 つとして、 lusrmgr.msc を実行してアカウントのプロパティを更新することで、ローカル ユーザーとグループを開くことができます方法があります。
  8. Internet Explorer で一時的に Horizon Agents Installer ソフトウェアをダウンロードできるようにするには、管理者とユーザーの両方で [IE セキュリティ強化の構成] をオフにします。

次のタスク

エージェントに関連するソフトウェア コンポーネントをインストールするには、ポッドのマニフェスト バージョンに適用されるトピックに記載されている手順を実行します。

注: ドメイン アカウントを使用して仮想マシンにログインできるようにする場合は、必要に応じて仮想マシンを Active Directory ドメインに参加させることができます。それ以外の場合は、ローカル管理者アカウントを使用して、エージェント ソフトウェアをインストールし、仮想マシンをカスタマイズするときに仮想マシンにログインします。