既存の Workspace ONE Access テナントを、Universal Broker が有効になっている Horizon Cloud 環境に統合するには、最初にそのテナントにリモート アプリケーション アクセス クライアントを作成する必要があります。その後、リモート アプリケーション アクセス クライアントのクライアント ID と共有シークレット キーを使用して、統合ワークフローを完了することができます。

手順

  1. 既存のテナントの Workspace ONE Access コンソールで、[カタログ] > [リモート アプリケーション アクセス] の順に移動します。
  2. [クライアントの作成] をクリックして、次の設定を構成します。
    設定 説明
    アクセス タイプ

    [サービス クライアント トークン] を選択します。

    クライアント ID クライアントの名前を入力します。統合ワークフローを完了するために必要なため、このクライアント ID をメモしておきます。
    詳細:共有シークレット キー [共有シークレット キーの生成] をクリックします。統合ワークフローを完了するために必要なため、生成された共有シークレット キーをメモしておきます。