Microsoft Azure サブスクリプションで Horizon Cloud ポッドを作成および管理するため、Horizon Cloud はそのサブスクリプションでさまざまなリソースを作成および管理する機能を必要とします。したがって、サブスクリプションでは特定のリソース プロバイダが [登録済み] 状態になっている必要があります。これにより、Horizon Cloud は最初にポッドをデプロイし、その有効期間にわたってポッドを管理およびアップグレードするのに必要な操作を実行できます。このドキュメントの記事には、Horizon Cloud[登録済み] 状態になっている必要があるリソース プロバイダがリストされています。

Microsoft Azure のドキュメントによると、リソース プロバイダとは、Microsoft Azure リソースを提供するサービスのことで、たとえば Microsoft.KeyVault リソース プロバイダはキー コンテナ タイプのリソースを提供します。Microsoft Azure のドキュメント トピックAzure リソース プロバイダとタイプに記載されているとおり、特定のリソースをサブスクリプションで使用する前に、そのタイプのリソースを提供するリソース プロバイダをそのサブスクリプションに登録する必要があります。この Microsoft Azure のドキュメントには、一部のリソース プロバイダはデフォルトで登録され、その他のリソース プロバイダはサブスクリプションでの明示的な手動登録を必要とすることも記載されています。

最も重要なのは、ポッドをデプロイする前に、ここにリストされているすべてのリソース プロバイダが、サブスクリプションで [登録済み] 状態になっていることを確認することです。新しいポッドをデプロイする場合、ポッド デプロイヤは、さまざまな Microsoft Azure リソース プロバイダにコマンドを発行し、デプロイヤが作成する必要のあるタイプのリソースの作成を要求することにより、サブスクリプションにリソースを作成します。明示的な手動登録を必要とするリソース プロバイダの状態が、ポッドのデプロイが [検証と続行] の手順に進む前に [登録済み] にならない場合、ウィザードはポッドのデプロイがその時点から先に進行するのをブロックします。ポッド デプロイ ウィザードの検証と続行の手順で、ポッド デプロイヤは、必要なリソース プロバイダのセットの状態がサブスクリプションで [登録済み] になっているかどうかを検証します。ポッド デプロイヤが必要とするリソース プロバイダの状態が [登録済み] でない場合、ウィザードはエラー メッセージを表示します。次のスクリーンショットは、サブスクリプションで Microsoft.Security リソース プロバイダの状態が [登録済み] でない場合の例です。


デプロイヤに必要なリソース プロバイダの状態がサブスクリプションで 登録済み になっていない場合のポッド デプロイヤの検証メッセージを示すスクリーンショット。

Horizon Cloud で必要なリソース プロバイダ

  • Microsoft.Compute
  • microsoft.insights
  • Microsoft.Network
  • Microsoft.Storage
  • Microsoft.KeyVault
  • Microsoft.Authorization
  • Microsoft.Resources
  • Microsoft.ResourceHealth
  • Microsoft.Resource_Graph
  • Microsoft.Security
  • Microsoft.DBforPostgreSQL
  • Microsoft.Sql