Horizon Cloud ポッドのデプロイ ウィザードでは、Microsoft Azure サブスクリプションから以下の情報を指定する必要があります。外部ゲートウェイをポッドとは別の専用のサブスクリプションにデプロイする場合、デプロイヤはどちらのサブスクリプションに対してもこの情報を必要とします。

重要: Microsoft Azure ポータルで生成されたアプリケーション キーは、即座に取得する必要があります。詳細については、 アプリケーション登録を作成して Horizon Cloud ポッド デプロイヤに必要なサービス プリンシパルを作成するを参照してください。その他の情報についは、Microsoft Azure アカウントの認証情報を使用して Microsoft Azure ポータルにログインするといつでも入手できます。

ID は UUID で、8-4-4-4-12 の形式です。次の表で説明するこれらの ID とキーは、ポッドのデプロイ ウィザードの最初の手順で使用されます。

要求値 収集方法
[環境] Microsoft Azure サブスクリプションに登録するときに、Microsoft Azure クラウド環境を決定します。その時点で、アカウントとサブスクリプションは特定の Microsoft Azure 環境内で作成されます。
[サブスクリプション ID] Microsoft Azure ポータルで、Microsoft Azure ポータルのメイン ナビゲーション バーで [すべてのサービス] をクリックし、[サブスクリプション] をクリックし、ポッドで使用するサブスクリプションの名前をクリックして、サブスクリプションの設定画面に移動します。表示されたサブスクリプション ID を見つけます。
[ディレクトリ ID] Microsoft Azure ポータルで、[Microsoft Azure ポータルのメイン メニューの [Azure Active Directory] メニュー項目] > [Microsoft Azure ポータルの [Azure AD] サブメニューの [プロパティ] メニュー項目][管理] の下)をクリックします。
[アプリケーション ID] Microsoft Azure ポータルで、[Microsoft Azure ポータルのメイン メニューの [Azure Active Directory] メニュー項目] > [Microsoft Azure ポータルの [Azure AD] サブメニューの [アプリケーション登録] メニュー項目] をクリックし、アプリケーション登録を作成して Horizon Cloud ポッド デプロイヤに必要なサービス プリンシパルを作成する の手順を使用して Horizon Cloud に対して作成した [アプリケーション登録] をクリックします。
[アプリケーション キー] Microsoft Azure ポータルでキーを生成して取得します。アプリケーション登録を作成して Horizon Cloud ポッド デプロイヤに必要なサービス プリンシパルを作成するを参照してください。