この接続は、テスト用仮想マシンの作成時に指定したパブリック キーに対応するプライベート キーを持つ Microsoft Windows システムから行います。

前提条件

テスト用仮想マシンの IP アドレスと、仮想マシンの作成時に指定したユーザー名があることを確認します。

Microsoft Windows システムでは、通常 PuTTY が使用されます。SSH セッションを開始するときに PuTTY がプライベート キーを簡単に読み込むことができるように、PuTTY を起動する前に、Microsoft Windows システム上で SSH キー ペアを作成するでの説明に従って Pageant を起動し、SSH プライベート キーを Pageant キー リストに追加します。SSH プライベート キーは、テスト用仮想マシンの作成時に指定したパブリック キーと一致する必要があります。プライベート キーが Pageant に読み込まれると、PuTTY の SSH セッションはそのプライベート キーを自動的に使用します。

手順

  1. PuTTY を起動します(Microsoft Windows 10 の [スタート] メニューで [PuTTY] を選択)。
    [PuTTY 構成] ウィンドウが開きます。
  2. [PuTTY 構成] ウィンドウでホスト名を指定し、[SSH] を選択し、[開く] をクリックします。
    [PuTTY 構成] ウィンドウの [ホスト名] フィールドに、次のパターンで文字列を入力します。
    testvm_username@testvmip
    テスト用仮想マシンのユーザー名と IP アドレスを、それぞれ文字列の testvm_usernametestvmip に代入します。
    重要: [開く] をクリックした後、初めてテスト用仮想マシンに接続するときに、サーバのホスト キーがキャッシュされていないことを示す PuTTY セキュリティ メッセージが表示され、サーバの rsa2 キー フィンガープリントが表示されます。接続を続行する場合は、 [はい] をクリックしてサーバのホスト キーを PuTTY のキャッシュに追加するか、 [いいえ] をクリックしてキーを PuTTY のキャッシュに追加せずに接続することができます。テスト用仮想マシンへの接続がされていない可能性がある場合は、 [キャンセル] クリックして接続を破棄し、[PuTTY 構成] ウィンドウに戻り、ホスト名の入力を確認します。
    次のスクリーンショットは、サンプルを使用したウィンドウを示します
    testvmadmin@40.121.180.132
    [PuTTY 構成] ウィンドウ

結果

SSH 接続が確立されると、次のスクリーンショットのようなコマンドライン ウィンドウが表示されます。
接続された SSH セッションのサンプル

次のタスク

テスト用仮想マシンに接続したら、テストを実行して Microsoft Azure 環境内のネットワーク接続を確認できます。Microsoft Azure 環境でネットワークを確認するためのテストを実行するで説明する手順を実行します。