管理対象イメージを使用してファームを作成するためのワークフローは、シングルポッド イメージの手順と似ていますが、わずかな違いがあります。

Horizon Image Management Service によって管理されるイメージを使用してファームを作成するには、Horizon Cloud ポッド - ファームの作成の手順に従い、次の追加アクションを実行します。

  • ウィザードの [デスクトップ] の手順で、[マルチポッド イメージの使用] という追加オプションを有効にする必要があります。
  • [マルチポッド イメージの使用] を有効にする場合、使用するマルチポッド イメージを関連付けられたマーカーとともに選択する必要があります。
  • また、正常に公開された状態にあるマルチポッド イメージのみが選択可能になります。
注: 管理対象イメージを使用して VDI マルチクラウド割り当てを作成する場合、その割り当てを編集してシングルポッド イメージを使用することはできません。ただし、シングルポッド イメージで割り当てを作成した場合は、通常の編集ワークフローに従い、[デスクトップ] の手順で [マルチポッド イメージの使用] オプションを有効化して、マルチポッド イメージを選択することで、マルチポッド イメージを使用するように編集できます。