カスタマイズされたイメージを使用してデスクトップ割り当てを更新するためのワークフローを開始するには、まずイメージ カタログに新しいバージョンのイメージを作成します。これらの手順は Horizon Universal Console で実行します。

新しいバージョンは、基盤となるイメージに対して行った編集を受け取ります。たとえば、オンプレミスの Horizon ポッドの場合、新しいバージョンは、 vCenter Server の基盤となるイメージ インスタンスに対して行った編集を受け取ります。

手順

  1. [インベントリ] > [イメージ - マルチポッド] をクリックします。
    コンソールには、イメージ カタログに登録されているすべてのマルチポッド イメージが表示されます。
  2. 新しいバージョンを追加するイメージの名前をクリックします。
    イメージの詳細ページが表示され、現在のすべてのバージョンが一覧表示されます。
  3. 新しいバージョンの基盤にするソース バージョンの左端にある選択ボタンをクリックして、[新しいバージョン] をクリックします。
    [新しいバージョン] ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. 新しいバージョンのオプションを指定します。
    オプション 説明
    ソース イメージのバージョン この読み取り専用フィールドには、インクリメントするイメージ バージョンが表示されます。
    バージョンのタイプ 新しいバージョン番号をインクリメントする方法を指定します。
    • [メジャー]:完全な整数の値でインクリメントします(たとえば、1.0 から 2.0)。
    • [マイナー]:ドット付きの値でインクリメントします(たとえば、1.1 から 1.2)。
    説明 (オプション)新しいバージョンの説明を入力します。
    マーカー (オプション)1 つ以上の参照マーカーを定義して、新しいバージョンに関連付けます。
  5. [送信] をクリックします。
    進行中を示すアイコン ( 操作が進行中であることを表す矢印が回転したアイコン) が新しいバージョンの [ステータス] 列に表示され、その間に、 Horizon Image Management Service はカタログにバージョンを作成し、ソース ポッド内でその基盤となるイメージを準備します。イメージの準備が完了すると、新しいバージョンのステータスが [展開の完了] に変わります。
    新しいバージョンの基盤となるイメージは、ソース バージョンの基盤となるイメージのコピーです。ソース イメージのバージョンに影響を与えずに、新しいバージョンの基盤となるイメージを編集できるようになりました。

次のタスク

VMware SDDC の Horizon ポッドの場合、 vSphere Client を使用して、新しいバージョンの基盤となるイメージを編集およびカスタマイズします。 イメージのカスタマイズを参照してください。