[無効にする] ボタンを使用して、イメージまたはバージョンを無効な状態にすることができます。無効なイメージまたはバージョンは、新しいデスクトップ割り当てに使用することはできません。

イメージ バージョンを無効にすると、そのバージョンを新しいデスクトップ割り当てに使用することはできなくなります。イメージ全体を無効にすると、そのイメージのすべてのバージョンが無効になります。
注: イメージの有効化および無効化は、オンプレミスでインストールされた Horizon ポッドでのみ使用できます。

無効化の操作は、既存のデスクトップ割り当てには影響しません。既存のデスクトップ割り当てで、後で無効化されるイメージ バージョンが使用されている場合、無効化された状態でも同じイメージ バージョンを引き続き使用できます。

注: 無効化されたイメージ バージョンのマーカー関連付けを変更することはできません。たとえば、無効なイメージ バージョンでマーカーを作成したり、追加のマーカーを関連付けたりすることはできません。

手順

  1. Horizon Universal Console で、[インベントリ] > [イメージ - マルチポッド] を選択します。
    コンソールには、イメージ カタログに登録されているすべてのイメージが表示されます。
  2. イメージ全体を無効にするか特定のイメージ バージョンを無効にするかを選択します。
    • イメージ全体を無効にするには、イメージの左端にある選択ボタンをクリックし、[無効にする] をクリックします。
    • 特定のイメージ バージョンを無効にするには、まずそのバージョンを含むイメージの名前をクリックします。イメージの詳細ページで、イメージ バージョンの左端にある選択ボタンをクリックします。[無効にする] をクリックします。