テナントを、Horizon DaaS 8.0.1 から Horizon DaaS 9.0.0 にアップグレードできます。

テナントのアップグレードには 4 つのタスクが必要です。
  • RunDeck でアップグレード タスクを実行します。新しい「Blue」テナント アプライアンスがステージングされ、移行の準備ができます。
  • メンテナンス期間中に RunDeck で移行タスクを実行します。古いテナントがパワーオフされ、新しいアプライアンスに移行されます。
  • Unified Access Gateway (UAG) を設定します。
  • エージェントの自動アップグレードを設定します。
これらの手順を実行した後、イメージ、デスクトップ、プール、およびファームの移行と更新を開始できます。
次の点に注意してください。
  • DaaS Agent 8.0.x 上にある場合でも、テナントの割り当ては機能します。
  • アップデートおよび移行できるのは、1 回に 1 つのテナントのみです。
  • アップグレードされたが移行されていないテナントの使用量レポートはダウンロードできません。移行後のみダウンロードできます。