イメージのインポート プロセス中に DaaS Agent がペアリングに失敗した場合は、次の手順を使用して、問題のトラブルシューティングと解決に役立てることができます。

構成の確認

次のすべての項目が正しく構成されていることを確認します。
  • VMware Tools は最新であること。
  • 仮想マシンのハードウェア バージョンが最新であること。
  • ゲスト OS と仮想マシン名が一致すること。
  • 正しいバージョンの Horizon Agent インストーラがインストールされていること。
  • VNIC アダプタの種類が VMXNET3 になっていること。
  • VNIC が適切なポート グループに割り当てられ、vCenter Server の仮想マシンのプロパティに接続されていること。
  • 仮想マシンからドメイン コントローラにアクセスできること。
  • ファイアウォールがオフになっています(ファイアウォール サービスが無効になっているだけではありません)。

エージェント ペアリングを再度有効にする

すでに DaaS Agent がインストールされているイメージに Horizon Agent インストーラをインストールする場合、エージェントを再インストールする必要がある場合、または以前のバージョンからアップグレードしている場合は、DaaS Agent をインストールした後にいくつかのレジストリ値を更新する必要があります。以前のインストールにはレジストリ設定の一部が残っているため、リセットする必要があります。プラットフォームが DaaS Agent とのペアリング プロセスを開始すると、レジストリが更新され、エージェントが再ペアリングの試行を続行できなくなります。その結果、有効な理由でペアリング プロセスが失敗した場合、このレジストリ キーがプロセスを止めているため、その後のエージェントの再インストールの試行が失敗します。

エージェントのペアリングを再度有効にするには、次の手順を実行します。
  1. services.msc で VMware DaaS Agent サービスを停止します。
  2. regedit を開き、以下に移動します。
    Computer\HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\VMware, Inc.\VMware DaaS Agent
  3. EnableBootstrap REG_DWORD キーを編集し、値を 0 から 1 に変更します。
  4. 任意のテキストの vmid REG_SZ 値をクリアします。値がクリアされたキーの例
  5. テナント アプライアンス上で次の手順を実行します。
    1. テナント アプライアンスの要素データベースにログインする。
      psql -Uadmin edb
    2. 拡張ディスプレイをオンにする。
      \x
    3. 次のコマンドを実行する。
      select * from t_general_machine where name=’VMNAME’;
      テーブルの tools_stateagent_versionis_agent_pairing_acknowledged フィールドを書き留める。
       update t_general_machine set is_agent_pairing_acknowledged=’f’ where name=’VMNAME’;
  6. デスクトップに切り替えて、DaaS Agent サービスを開始します。
  7. 管理コンソールにログインし、新しいイメージとしてインポートすることで、DaaS Agent のペアリング プロセスを再開します。再度インポートする前に、まずデスクトップに戻す必要がある場合があります。