専用デスクトップ割り当ておよびフローティング デスクトップ割り当てでデスクトップを管理できます。

注: セッション デスクトップ割り当ての場合、割り当ては RDS ベースのデスクトップへのアクセス権限の付与にのみ使用され、デスクトップの管理には使用されません。セッション デスクトップを管理するには、基盤となるファーム内のサーバおよびセッションを管理します。 Horizon Cloud でのファームの管理を参照してください。

手順

  1. 左側のメニューで、[割り当て] をクリックします。
    [割り当て] ページが表示されます。
  2. リストにある割り当ての名前をクリックします。
    割り当ての詳細のページが表示されます。
  3. ページ上部にある [デスクトップ] をクリックします。

    [デスクトップ] タブが表示され、割り当て用のデスクトップのリストが表示されます。ページの右上にあるコントロールを使用して、リストをフィルタ、更新、およびエクスポートできます。

    ページ上部のいずれかのボタンをクリックして、次のアクションを実行できます。
    注: デスクトップのステータスが緑色でなければ、これらの操作は実行できません。
    オプション 説明
    シャットダウン デスクトップをシャットダウンします。
    • 一度に複数のデスクトップを選択できます。
    • アクティブなユーザー セッションのない仮想マシンのみをシャットダウンできます。
    再起動 仮想マシンの「グレースフル」再起動を実行します。一度に複数のデスクトップを選択できます。

    再起動しても問題が解決しない場合は、[リセット] オプションの使用が必要になることがあります(下記を参照)。

    割り当て [専用デスクトップのみ] 専用デスクトップを特定のユーザーに割り当てます。ボタンをクリックして、Active Directory のユーザーを検索します。
    [. . .] ボタンをクリックして、ドロップダウン メニューから選択することで、次のアクションを実行できます。
    オプション 説明
    仮想マシンの移行 (専用デスクトップのみ)仮想マシンを別の専用デスクトップ割り当てに移行します。
    • 選択した仮想マシンは、次の要件を満たす必要があります。
      • すべてのユーザーがログオフしている。
      • ドメインに参加する。
      • 実行中のタスクはありません。
      • ターゲットの割り当てと同じドメイン、OU およびグラフィック設定を持っている。
    • 仮想マシンの名前を変更するには、仮想マシンの名前変更オプションを選択します。移行仮想マシンは、ターゲット プールの命名規則に従って名前が変更されます。
    • [モニター > アクティビティ]で移行の進行状況とステータスを表示します。
    • 再配置後のカスタマイズ タスクが失敗した場合(DM 間の仮想マシンの移行中)は、仮想マシンを選択し、ドロップダウンから [再構築] オプションを選択して、不整合な状態の仮想マシンを修正します。
    • 仮想マシンは、インポートされた仮想マシン ページまたはターゲットの割り当ての下に配置できます。

    次の点に注意してください。

    • 仮想マシンは、同一または異なるデスクトップ マネージャの専用割り当て間で移動できます。
    • 仮想マシンは異なる vCenter Server の割り当て間で移動することはできません。
    名前の変更 [専用デスクトップのみ] 選択したデスクトップの名前を変更します。
    割り当て解除 [専用デスクトップのみ] 選択したデスクトップの割り当てをユーザーから解除します。
    削除 [専用デスクトップのみ] 選択したデスクトップを削除します。
    サスペンド 選択したデスクトップをサスペンドします。一度に複数のデスクトップを選択できます。
    レジューム 選択したデスクトップの操作をレジュームします。一度に複数のデスクトップを選択できます。
    パワーオン [従来のクローンのみ] 選択したデスクトップをパワーオンします。一度に複数のデスクトップを選択できます。
    パワーオフ [従来のクローンのみ] 選択したデスクトップをパワーオフします。一度に複数のデスクトップを選択できます。
    エージェント ペアリングをリセット ペアリングのエラーが発生したときにエージェント ペアリングの状態を修正します。
    • 複数の仮想マシンを選択できます。アクションは、現在パワーオン状態の選択した仮想マシンにのみ適用されます。
    • 進行状況は、[監視] > [アクティビティ] ページ、または割り当ての詳細ページの [システム アクティビティ] タブで確認できます。
    コンソールの起動 選択したデスクトップのコンソールを起動します。仮想マシンがパワーオフされているか複数の仮想マシンが選択されている場合、このオプションは無効です。
    リセット 仮想マシンのハードリセットを実行します。一度に複数のサーバを選択できます。

    仮想マシンがハングした場合、まず [再起動] オプションを使用することをお勧めします(上記を参照)。

    ログオフ 現在接続されているユーザーを選択したデスクトップからログオフします。
    切断 現在接続されているユーザーを選択したデスクトップから切断します。
    再構築 [フローティング デスクトップの従来のクローンのみ] 選択したデスクトップを削除して再作成します。このオプションは、破損したデスクトップ仮想マシン、または操作できなくなったデスクトップ仮想マシンに対して使用します。
    イメージに変換 選択したデスクトップをイメージに変換します。
    注: 仮想マシンがアプライアンスとして現在使用されている場合、仮想マシンをイメージに変換することはできません。
    ログの生成 デスクトップ仮想マシンのログを生成します。
    • ログは [レポート] ページの [ログ] タブに記載されます。
    • 仮想マシン ファイル共有が構成されている場合、システムはそのファイル共有にログ ファイルを配置します。詳細については、ファイル共有の管理を参照してください。
    注: この機能には Horizon Agents Installer 19.1 以降が必要です。