登録サーバ (ES) は、True SSO のインフラストラクチャ設定の最後の手順として Windows Server マシンにインストールする Horizon Cloud コンポーネントです。登録エージェント(コンピュータ)証明書をサーバにデプロイすることにより、この ES が登録エージェントとして機能し、ユーザーに代わって証明書を生成することを承認します。

手順

  1. 登録サーバをインストールします。
    1. My VMware サイトから登録サーバの .exe ファイルをダウンロードします。ファイル名は VMware-HorizonCloud-TruessoEnrollmentServer-x86_64-7.3.0-xxxxx.exe のようになります。
    2. システムで Windows Server 2008 R2、2012 R2、または 2016 が実行されており、4 GB 以上のメモリがあることを確認します。
    3. インストーラを実行し、ウィザードに従います。
  2. 登録エージェント(コンピュータ)証明書をデプロイします。
    1. Microsoft Management Console (MMC) を開きます。
    2. [ファイル] メニューで、[スナップインの追加と削除] をクリックします。
    3. [利用可能なスナップイン] で、[証明書] をダブルクリックします。
    4. [コンピュータ アカウント] を選択し、[次へ] をクリックします。
    5. ローカル コンピュータ を選択し、[完了] をクリックします。
    6. [スナップインの追加と削除] ダイアログで、[OK] をクリックします。
    7. MMC で、[証明書] の [個人] フォルダを右クリックして [すべてのタスク > 新しい証明書の要求] を選択します。
    8. [証明書の登録] ダイアログで、[登録エージェント(コンピュータ)] のチェック ボックスをオンにし、[登録] をクリックします。
  3. pairing_bundle.7z ファイルから抽出された証明書 CRT ファイルをインポートします。
    1. MMC で、[VMware Horizon Cloud 登録サーバの信頼されたルート] フォルダの [証明書] サブフォルダを右クリックし、[すべてのタスク > インポート] を選択します。
    2. [次へ] をクリックします。
    3. pairing_bundle.7z バンドルから証明書ファイルを解凍した場所に移動します。
    4. 2 つの証明書ファイルを 1 つずつインポートします。
    5. [次へ] をクリックし、[終了] をクリックします。
  4. Horizon Cloud 環境の True SSO の設定を完了するで説明されている残りの構成の手順を完了します。