URL コンテンツ リダイレクトのテンプレート ファイルには、Horizon Cloud 環境におけるエージェントからクライアントへのリダイレクト機能を設定するためのルールを作成するグループ ポリシー設定が含まれています。このテンプレート ファイルには、コンピュータの構成設定のみが含まれます。設定はすべて、グループ ポリシー管理エディタの [VMware Horizon URL リダイレクト] フォルダにあります。

重要: URL コンテンツ リダイレクトのテンプレート ファイルにクライアントからエージェントへのリダイレクトに関連するグループ ポリシー設定が含まれていても、クライアントからエージェントへのリダイレクトの構成にはグループ ポリシー設定を使用しません。代わりに、 Horizon Cloud 管理コンソール を使用してクライアントからエージェントへのリダイレクトのルールを作成します。コンソールで URL リダイレクトの割り当てを作成するときに、クライアントからエージェントへのリダイレクトのルールを作成します。詳細な手順については URL リダイレクトのカスタマイズを作成し、ユーザーに割り当てるを参照してください。

次の表に、URL コンテンツ リダイレクトのテンプレート ファイルで使用可能なグループ ポリシー設定の説明を記載します。

表 1. URL コンテンツ リダイレクトのグループ ポリシー設定
設定 プロパティ
IE Policy: Prevent users from changing URL Redirection plugin loading behavior ユーザーが URL コンテンツ リダイレクト機能を無効にできるかどうかを決定します。

デフォルトでは、この設定は構成されていません。

IE Policy: Automatically enable URL Redirection plugin 新しくインストールされた Internet Explorer プラグインを自動的に有効にするかどうかを決定します。

デフォルトでは、この設定は構成されていません。

Url Redirection Enabled URL コンテンツ リダイレクト機能を有効にするかどうかを決定します。この機能をクライアントまたはエージェントにインストールしている場合でも、この設定を使用して URL コンテンツ リダイレクト機能を無効にできます。

デフォルトでは、この設定は構成されていません。

Url Redirection Protocol 'http' HTTP プロトコルを使用するすべての URL について、リダイレクトする URL を指定します。この設定には次のオプションがあります。
  • [ブローカ ホスト名] - URL をリモート デスクトップまたはアプリケーションにリダイレクトするときに使用する Connection Server ホストの IP アドレスまたは完全修飾名。
  • [リモート項目] - [エージェント ルール] で指定された URL を処理できるリモート デスクトップまたはアプリケーション プールの表示名。
  • [クライアント ルール] - クライアントにリダイレクトする必要がある URL。たとえば、[クライアント ルール].*.mycompany.com に設定している場合、「mycompany.com」というテキストを含むすべての URL は、Windows ベースのクライアントにリダイレクトされ、クライアントのデフォルト ブラウザで開かれます。
  • [エージェント ルール] - [リモート項目] で指定されるリモート デスクトップまたはアプリケーションにリダイレクトする必要がある URL。たとえば、[エージェント ルール].*.mycompany.com に設定している場合、「mycompany.com」というテキストが含まれるすべての URL がリモート デスクトップまたはアプリケーションにリダイレクトされます。

エージェント ルールを作成するときは、[ブローカ ホスト名]オプションを使用して Connection Server ホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名を指定し、[リモート項目] オプションを使用してデスクトップまたはアプリケーション プールの表示名を指定する必要があります。

注: クライアント ルールを構成する場合には、 vdmutil コマンドライン ユーティリティを使用することをお勧めします。

デフォルトでは、この設定は有効になっています。

Url Redirection Protocol '[...]' HTTP 以外のプロトコル(HTTPS、mailto、および callto など)にこの設定を使用します。

このオプションは、Url Redirection Protocol 'http' の場合と同じです。

その他のプロトコルを構成する必要がない場合は、URL コンテンツ リダイレクトのテンプレート ファイルを Active Directory に追加する前に、このエントリを削除またはコメント アウトできます。

ベスト プラクティスとして、HTTP および HTTPS プロトコルに対して同じリダイレクト設定を構成します。この方法では、ユーザーが mycompany.com などの部分的な URL を Internet Explorer に入力し、そのサイトが自動的に HTTP から HTTPS にリダイレクトされると、URL コンテンツ リダイレクト機能が期待どおりに動作します。この例では、HTTPS のルールを設定していても、HTTP に対して同じリダイレクト設定を設定していない場合、ユーザーが入力する部分的な URL はリダイレクトされません。

デフォルトでは、この設定は構成されていません。