DPI 同期機能により、リモート デスクトップまたは公開アプリケーションの DPI 設定とクライアント システムの DPI 設定が確実に一致します。

DPI 同期を無効にすると、ディスプレイ スケーリングが使用されます。ディスプレイ スケーリング機能は、リモート デスクトップまたは公開アプリケーションを適切にスケーリングします。

解像度を手動で設定するときに、[高解像度モード] 設定を有効にできる場合があります。詳細については、画面解像度の設定を参照してください。

DPI 同期機能は、[DPI 同期] エージェント グループ ポリシー設定で有効または無効にします。この機能は、デフォルトで有効になっています。DPI 同期を使用すると、リモート デスクトップまたは公開アプリケーションに接続したときに、クライアント コンピュータの DPI 値に合わせてリモート セッションの DPI 値が変更されます。

[DPI 同期] グループ ポリシー設定だけでなく、[接続ごとの DPI の同期] エージェント グループ ポリシー設定も有効にした場合、リモート デスクトップに再接続したときに DPI 同期がサポートされます。デフォルトでは、この機能は無効になっています。

[DPI 同期][接続ごとの DPI の同期] グループ ポリシー設定の詳細については、Horizon でのリモート デスクトップ機能の構成 を参照してください。

仮想デスクトップの場合、DPI 同期機能は次のゲスト OS に対応します。
  • 32 ビットまたは 64 ビットの Windows 10
  • デスクトップとして構成されている Windows Server 2012 R2
  • デスクトップとして構成されている Windows Server 2016
  • デスクトップとして構成されている Windows Server 2019
公開デスクトップおよび公開アプリケーションでは、DPI 同期機能は次の RDS ホストでサポートされます。
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
仮想デスクトップの場合、接続ごとの DPI の同期機能は次のゲスト OS に対応します。
  • Windows 10 バージョン 1607 以降
  • デスクトップとして構成されている Windows Server 2016 以降

接続ごとの DPI の同期機能は、公開デスクトップまたは公開アプリケーションでサポートされていません。

DPI 同期機能を使用するときのヒントを、次に説明します。

  • クライアント システムで DPI 設定を変更しても、リモート デスクトップの DPI 設定が変わらない場合は、ログアウトしてから再度ログインして、クライアント システムの新しい DPI 設定を Horizon Client に認識させます。
  • DPI 設定が 100 パーセント以上になっているクライアント システムでリモート セッションを開始してから、100 パーセント以上の異なる DPI 設定になっている別のクライアント システムで同じセッションを使用する場合、2 番目のクライアント システムで DPI を同期するには、2 番目のクライアント システムでログアウトしてからリモート セッションに再度ログインします。
  • Windows 10 システムは異なるモニターで異なる DPI 設定をサポートしますが、HTML Access クライアント セッションの起動に使用された Web ブラウザがあるクライアント システムのモニターで設定された DPI 値が、DPI 同期機能で使用されます。HTML Access は、異なるモニターで異なる DPI 設定をサポートしません。
  • 別の DPI 設定を使用して別のモニターと同期するには、リモート デスクトップまたは公開アプリケーションからログアウトし、HTML Access クライアント セッションの起動に使用された Web ブラウザを他のモニターにドラッグしてから、リモート デスクトップまたは公開アプリケーションに再ログインして、クライアント システムとリモート デスクトップや公開アプリケーションの DPI 設定を一致させます。