デスクトップ オペレーティング システムが応答を停止し、リモート デスクトップを再起動しても問題が解決しない場合は、リモート デスクトップをリセットする必要がある場合があります。

リモート デスクトップをリセットする操作は、物理的な PC を強制的に再起動するときに PC のリセット ボタンを押す操作と同じです。リモート デスクトップで開いているすべてのファイルが閉じられますが、保存されません。

公開アプリケーションをリセットすると、開いているすべてのアプリケーションが終了します。

公開アプリケーションをリセットすると、未保存のデータを保存せずにアプリケーションを終了します。開いているすべての公開アプリケーションが終了します。

Horizon 管理者がリモート デスクトップのリセット機能を有効にしている場合にのみ、リモート デスクトップをリセットできます。

手順

  • [リセット] コマンドを使用します。
    オプション アクション
    アプリケーションの選択ウィンドウから公開アプリケーションをリセットする リモート デスクトップや公開アプリケーションに接続する前に、デスクトップとアプリケーションの選択ウィンドウから、実行中のすべての公開アプリケーションをリセットするには、画面の右上にある [設定] ツールバー ボタンをクリックして、[リセット] をクリックします。
    サイドバーからリモート デスクトップをリセットする リモート デスクトップに接続しているときに、サイドバーの [実行中] リストにあるデスクトップ名の横の [メニューを開く] ツールバー ボタンをクリックして、[リセット] を選択します。
    サイドバーから公開アプリケーションをリセットする 実行中のすべてのアプリケーションをリセットするには、サイドバーの上部にある [[設定] ウィンドウを開く] ツールバー ボタンをクリックして、[リセット] をクリックします。
    URI を使用したリモート デスクトップのリセット リモート デスクトップをリセットするには、URI https://ConnectionServerFQDN?desktopId=desktop_name&action=reset を使用します。

結果

リモート デスクトップをリセットすると、リモート デスクトップのオペレーティング システムが再起動し、クライアントがリモート デスクトップから切断され、ログオフされます。公開アプリケーションをリセットすると、そのアプリケーションは終了します。

次のタスク

システムが完全に再起動するまで待機してから、リモート デスクトップや公開アプリケーションに再接続します。