HTML Access のほとんどのバージョンのアップグレードでは、接続サーバと View Agent のアップグレードだけが行われます。HTML Access 3.4 については、接続サーバに HTML Access を個別にインストールする必要もあります。

HTML Access をアップグレードするときは、View 接続サーバの対応するバージョンが、複製されたグループのすべてのインスタンスにインストールされていることを確認します。

表 1. HTML Access の各バージョンのインストーラ要件
HTML Access のバージョン View 接続サーバのバージョン インストール要件
4.0 7.0 個別の HTML Access インストーラなし
3.5 6.2 個別の HTML Access インストーラなし
3.4 6.1.1 個別のインストーラ
2.6 6.1、6.1.1 個別の HTML Access インストーラなし

個別のインストーラがない HTML Access については、接続サーバをアップグレードするときに HTML Access が自動的にインストールまたはアップグレードされます。個別に HTML Access をインストールする必要はありません。

注: : HTML Access コンポーネントがインストールされているかどうかを確認するには、Windows オペレーティング システムの [プログラムのアンインストール] アプレットを開き、リストで HTML Access を探してください。

HTML Access 3.4 へのアップグレード

HTML Access 3.4 へのアップグレードでは、接続サーバに HTML Access を個別にインストールする必要があります。以下は、管理者が実行する必要がある作業のチェックリストです。

  1. View 接続サーバの複製されたグループを構成するサーバで、HTML Access オプションを使用して View 接続サーバ 6.1.1 にアップグレードします。

    デフォルトでは、インストーラで HTML Access コンポーネントがすでに選択されています。

    View 接続サーバ 6.1.1 を対話形式でインストールする場合、インストールされる HTML Access のバージョンは HTML Access 2.6 になります。この段階では、HTML Access でリモート(ホスト型)アプリケーションは使用できません。View Agent 6.1 を実行しているデスクトップに接続するには、HTML Access 2.6 を引き続き使用できます。

  2. セキュリティ サーバを使用する場合は、View セキュリティ サーバ 6.1.1 にアップグレードします。

    View セキュリティ サーバのバージョンは、View 接続サーバのバージョンと一致している必要があります。

  3. 親マシンやテンプレート仮想マシンおよびデスクトップ プールにある仮想マシンを含むすべての RDS ホストおよび VDI マシンで View Agent 6.1.1 にアップグレードします。

    この手順で、View 接続サーバ インスタンスで HTML Access をアップグレードする前に、View Agent をアップグレードします。サーバで最初に HTML Access をアップグレードした場合、エンド ユーザーは、Web クライアントから古い View Agent(バージョン 6.1以前)に接続できなくなります。

    注: : 現在、View Agent インストーラには、Horizon 6.0 (with View) より前のリリースの Remote Experience Agent に付属していた HTML Access エージェント コンポーネントが含まれています。Remote Experience Agent は、Horizon View Feature Pack の一部でした。Remote Experience Agent でインストールされた機能をアップグレードするには、View Agent インストーラを実行してください。このインストーラを実行すると、Remote Experience Agent が削除され、次にアップグレードが行われます。何らかの理由で Remote Experience Agent を手動で削除する場合は、新バージョンの View Agent のインストーラを実行する前に削除してください。
  4. Horizon 6 バージョン 6.1.1 のダウンロード ページ (http://www.vmware.com/go/downloadview) から、HTML Access Web ポータル インストーラを View 接続サーバ インスタンスにダウンロードして実行します。

    インストーラの名前は、VMware-Horizon-View-HTML-Access_X64-3.4.0-xxxxxx.exe です(xxxxxx はビルド番号)。

重要: : HTML Access 3.4 については、View 接続サーバをアップグレード後に必ず HTML Access インストーラを実行する必要があります。たとえば、新しいパッチやメンテナンス リリースに View 接続サーバをアップグレードした後に、 HTML Access Web ポータル ページに HTML Access アイコンが表示されない場合があります。利用できる HTML Access の新しいバージョンがない場合、Windows の [プログラムのアンインストール] 機能を使用して、 HTML Access をアンインストールしてから、同じバージョンを再インストールします。