エンド ユーザーがリモート デスクトップやアプリケーションにアクセスできるようにするには、まず管理者が特定のプールおよびファームの設定を構成し、データセンターのリモート デスクトップ仮想マシンおよび RDS ホストに View Agent をインストールする必要があります。

Horizon Client ソフトウェアがクライアント システムにインストールされていない場合は、HTML Access クライアントが代わりになります。

注: : Horizon Client ソフトウェアは、 HTML Access クライアントより多くの機能と優れたパフォーマンスを提供します。たとえば、 HTML Access クライアントではリモート デスクトップで一部のキーの組み合わせが機能しませんが、 Horizon Client ではこれらのキーの組み合わせが機能します。

前提条件

  • vSphere インフラストラクチャと View コンポーネントが HTML Access のシステム要件を満たすことを確認してください。

    HTML Access のシステム要件を参照してください。

  • HTML Access コンポーネントがホストの View 接続サーバにインストールされていること、および View 接続サーバ インスタンスと任意のセキュリティ サーバの Windows ファイアウォールによって、TCP ポート 8443 でインバウンド トラフィックが許可されることを確認してください。

    HTML Access のための View 接続サーバおよびセキュリティ サーバの準備を参照してください。

  • サードパーティのファイアウォールを使用する場合、View サーバからデータ センターの View デスクトップの TCP ポート 22443 にインバウンド トラフィックを許可するためのルールを設定します。
  • デスクトップ ソースまたは RDS ホストとして使用する予定の仮想マシンにサポートされているオペレーティング システムと VMware Tools がインストールされていることを確認します。

    サポートされているオペレーティング システムの一覧については、HTML Access のシステム要件 を参照してください。

  • プールおよびファームを作成し、ユーザーに資格を付与する手順について理解しておきます。『View でのデスクトップとアプリケーションの設定』のプールおよびファームの作成についてのトピックを参照してください。
  • エンド ユーザーがリモート デスクトップやアプリケーションにアクセス可能であることを確認するには、クライアント システムに Horizon Client ソフトウェアがインストールされていることを確認します。ブラウザから接続を試みる前に Horizon Client ソフトウェアを使用して接続試験を行います。

    Horizon Client のインストール手順については、https://www.vmware.com/support/viewclients/doc/viewclients_pubs.htmlHorizon Client のマニュアル サイトを参照してください。

  • リモート デスクトップにアクセスするためにサポートされているブラウザのいずれかがあることを確認します。HTML Access のシステム要件を参照してください。

手順

  1. リンク クローン プールのすべての親仮想マシン、フル クローン プールの仮想マシン テンプレート、手動プールの仮想マシン、およびデスクトップとホスト型アプリケーション プールの RDS ホストに、[HTML Access] オプションを関連付けて View Agent をインストールします。
  2. RDS デスクトップとアプリケーションについては、View Administrator を使用してファームを作成または編集し、[このファームのデスクトップへの HTML Access を許可] オプションをファームの設定で有効にします。
  3. シングルセッションのデスクトップ プールについては、プールを HTML Access で使用できるように View Administrator を使用してデスクトップ プールを作成または編集します。
    1. [デスクトップ プール] 設定で、[HTML Access] を有効にします。
      RDS デスクトップ プールを作成するときには、 [HTML Access] 設定は [デスクトップ プールの追加] ウィザードに表示されません。代わりに、RDS ホストのファームを作成または編集するときに、 [このファームのデスクトップへの HTML Access を許可] オプションを有効にします。
    2. このプール設定では、[1 台のモニタの最大解像度] 設定が [1920x1200] 以上であることを確認します。
  4. View Agent で [HTML Access] オプションを使用するようにプールが作成、再構成、またはアップグレードされたら、Horizon Client を使用して、デスクトップまたはアプリケーションにログインします。
    このステップでは、 HTML Access の使用を試みる前に、プールが正常に動作することを確認してください。
  5. サポートされるブラウザを開き、View 接続サーバ インスタンスを指定する URL を入力します。
    例:
    https://horizon.mycompany.com
    URL では必ず https を使用してください。
  6. 表示される Web ページで、Horizon Client ソフトウェアの場合と同じように、[VMware Horizon HTML Access] をクリックしてログインします。
  7. 表示されるデスクトップおよびアプリケーション選択のページで、アイコンをクリックして接続します。

結果

これで、オペレーティング システムに Horizon Client ソフトウェアがインストールされていないとき、またはインストールできないクライアント デバイスを使用しているときに、Web ブラウザからリモート デスクトップやアプリケーションにアクセスできるようになりました。

次のタスク

セキュリティの強化のため、リモートデスクトップで Blast エージェントによる証明機関からの SSL 証明書を使用することがセキュリティ ポリシーで必須とされている場合は HTML Access Agent を構成して新しい SSL 証明書を使用 を参照してください。