リアルタイム オーディオビデオ (RTAV) 機能を使用すれば、リモート デスクトップでクライアント マシンの webcam またはマイクロフォンを使用できます。リアルタイム オーディオ ビデオは、標準的な会議アプリケーションおよびブラウザベースのビデオ アプリケーションと互換性があり、標準的な webcam、オーディオ USB デバイス、およびアナログ オーディオ入力をサポートします。

RTAV は、Chrome、Microsoft Edge、Firefox でのみサポートされます。デフォルト ビデオ解像度は 320 x 240 です。デフォルト RTAV 設定は、ほとんどの webcam およびオーディオ アプリケーションで適切に機能します。RTAV 設定の変更方法については、『View でのデスクトップ プールとアプリケーション プールの設定』ドキュメントの「リアルタイム オーディオビデオ グループ ポリシー設定の構成」を参照してください。

リモート デスクトップがクライアント マシンの webcam またはマイクロフォンと接続されると、それぞれのアイコンがサイド バーの上部に表示されます。デスクトップを webcam またはマイクロフォンに接続する前に、ブラウザが権限を要求してくる場合があります。この動作はブラウザによって異なります。

RTAV がデスクトップ セッションで使用されている状態で、ユーザーが 2 つ目のデスクトップに対する接続を開き、かつセキュリティ警告が表示された場合(たとえば、有効な証明書がインストールされなかった場合に警告が表示される)、この警告を無視して 2 つ目のデスクトップとの接続を継続した場合、RTAV は最初のデスクトップ セッションでの動作を停止することになります。これは、想定どおりの動作です。