業界またはセキュリティの規定に準拠するため、HTML Access Agent で生成されるデフォルトの SSL 証明書を Certificate Authority (CA) によって署名される証明書に置き換えることができます。

View デスクトップに HTML Access Agent をインストールすると、HTML Access Agent サービスがデフォルトの自己署名の証明書を作成します。このサービスは、デフォルトの証明書を View に接続するために HTML Access を使用するブラウザに示します。

注: : デスクトップ仮想マシンのゲスト OS で、このサービスは VMware Blast サービスと呼ばれます。

デフォルトの証明書を CA から取得する署名された証明書に置き換えるには、証明書を各 View デスクトップの Windows ローカル コンピュータ証明書ストアにインポートする必要があります。各デスクトップでレジストリ値を設定する必要もあり、これによって HTML Access Agent は新しい証明書を使用することができます。

デフォルトの HTML Access Agent 証明書を CA が署名した証明書に置き換える場合、VMware は各デスクトップで一意の証明書を構成することを推奨しています。親仮想マシンまたはデスクトップ プールを作成するために使用するテンプレートに CA が署名した証明書を構成しないでください。これを行うと、多くのデスクトップが同一の証明書を持つ結果となります。