アプリケーションまたはデスクトップ オペレーティング システムが応答しなくなった場合、デスクトップまたはアプリケーションのリセットが必要な場合があります。リモート デスクトップをリセットすると、デスクトップがシャットダウンおよび再起動されます。リモート アプリケーションをリセットすると、アプリケーションが終了します。保存されてないデータは失われます。

リモート デスクトップをリセットする操作は、物理的な PC を強制的に再起動するためにその PC のリセット ボタンを押す操作に相当します。リモート デスクトップで開いているすべてのファイルが、保存されずに閉じられることになります。

アプリケーションをリセットすることは、未保存データを保存せずにすべてのリモート アプリケーションを終了するのと同じことです。アプリケーションが複数の RDS サーバ ファームのアプリケーションであっても、開いているアプリケーションはすべて閉じます。

リモート デスクトップをリセットできるのは、管理者がこの機能を有効にしている場合のみです。

手順

[リセット] コマンドを使用します。
オプション アクション
アプリケーションの選択画面からアプリケーションをリセットする リモート デスクトップやアプリケーションに接続する前に、デスクトップおよびアプリケーション選択画面から実行中のすべてのアプリケーションをリセットするには、画面の右上隅にある [設定] ツールバー ボタンをクリックして、[リセット] をクリックします。
サイドバーからデスクトップをリセットする リモート デスクトップに接続しているときに、サイドバーの [実行中] リストにあるデスクトップ名の横の [メニューを開く] ツールバー ボタンをクリックして、[リセット] を選択します。
サイドバーからアプリケーションをリセットする 実行中のすべてのアプリケーションをリセットするには、サイドバーの上部にある [[設定] ウィンドウを開く] ツールバー ボタンをクリックして、[リセット] をクリックします。
URI を使用したデスクトップのリセット デスクトップをリセットするには、URI https://ConnectionServerFQDN?desktopId=desktop_name&action=reset を使用します。

結果

リモート デスクトップの場合、リモート デスクトップのオペレーティング システムが再起動されます。クライアントがデスクトップから切断されます。リモート アプリケーションの場合、アプリケーションが終了します。

次のタスク

リモート デスクトップに接続する前に、システムが完全に起動するまで待機します。