View Administrator が適切な容量のビデオ RAM で構成されていると、クライアントでリモート デスクトップのサイズをブラウザ ウィンドウのサイズに合わせて変更できます。ビデオ RAM のデフォルト設定は 36MB で、3D アプリケーションを使用しなければ、最小要件の 16MB よりも快適な環境となります。

Retina ディスプレイの Macbook や Google Chromebook Pixel など、ピクセル密度解像度が高いブラウザや Chrome デバイスを使用している場合は、その解像度を使用するようにリモート デスクトップやアプリケーションを設定できます。[設定] ウィンドウで [高解像度モード] オプションをオンにします。このウィンドウには、サイドバーからアクセスできます。(このオプションは、高解像度ディスプレイを使用している場合にのみ [設定] ウィンドウに表示されます)。

3D レンダリング機能を使用するには、それぞれのリモート デスクトップに十分な VRAM を割り当てる必要があります。

  • vSphere 5.0 以降で利用できる、ソフトウェア アクセラレータによるグラフィック機能によって、Windows Aero テーマや Google Earth などの 3D アプリケーションを使用できます。この機能には、64MB ~ 128MB の VRAM が必要です。
  • vSphere 5.1 以降で利用できる、ハードウェア アクセラレータによるグラフィック機能 (vSGA) によって、デザイン、モデリング、およびマルチメディア用の 3D アプリケーションを使用できます。この機能には、64MB ~ 512MB の VRAM が必要です。デフォルトは 96MB です。
  • vSphere 5.5 以降で使用できる専用のハードウェア高速グラフィックス機能 (vDGA) は、ESXi ホスト上の単一の物理的な GPU (グラフィック処理ユニット)を単一の仮想マシン専用にするための機能です。この機能は、ハイエンドのハードウェア高速ワークステーション グラフィックスが必要な場合に使用します。この機能には、64MB ~ 512MB の VRAM が必要です。デフォルトは 96MB です。

3D レンダリングが有効である場合、モニタの最大数は 1 で最大解像度は 3840 x 2160 です。

同様に、Retina ディスプレイの Macbook や Google Chromebook Pixel など、ピクセル密度解像度が高いブラウザやデバイスを使用している場合は、各リモート デスクトップに十分な VRAM を割り当てる必要があります。

重要: : VMware Blast 表示プロトコルに必要な VRAM 容量の計算は、PCoIP 表示プロトコルに必要な VRAM の計算に類似しています。ガイドラインについては、『 View アーキテクチャ プランニング』のトピック「仮想デスクトップのメモリ要件の計算」の「PCoIP を使用する場合の特定のモニタ構成の RAM サイジング」を参照してください。