この Web ページを構成して、Horizon Client ダウンロード用のアイコン、または HTML Access 経由でリモート デスクトップに接続するアイコンの表示と非表示を切り替えることができます。このページの他のリンクも構成できます。

デフォルトでは、Web ポータル ページに、ネイティブ Horizon Client のダウンロードおよびインストールのアイコンと、HTML Access 経由で接続するためのアイコンの両方が表示されます。使用されるダウンロード リンクは、portal-links-html-access.properties ファイルで定義されているデフォルト値で決定されます。

ただし、社内の Web サーバへのリンクを表示したり、特定のクライアント バージョンをサーバで使用できるようにした方がよい場合もあります。portal-links-html-access.properties ファイルの内容を変更して、別のダウンロード URL を示すようにポータル ページを再構成できます。このファイルが使用できない、または空白であり、oslinks.properties ファイルが存在する場合は、oslinks.properties ファイルを使用して、インストーラ ファイルのリンクの値が決定されます。

oslinks.properties ファイルは、 installation-directory\VMware\VMware View\Server\broker\webapps\portal\WEB-INF フォルダにインストールされます。HTML Access セッションでこのファイルが見つからない場合、このダウンロード リンクによって、ユーザーはデフォルトで https://www.vmware.com/go/viewclients にアクセスします。このファイルには、次のデフォルト値が含まれます。
link.download=https://www.vmware.com/go/viewclients
# download Links for particular platforms
link.win32=https://www.vmware.com/go/viewclients#win32
link.win64=https://www.vmware.com/go/viewclients#win64
link.linux32=https://www.vmware.com/go/viewclients#linux32
link.linux64=https://www.vmware.com/go/viewclients#linux64
link.mac=https://www.vmware.com/go/viewclients#mac
link.ios=https://itunes.apple.com/us/app/vmware-view-for-ipad/id417993697
link.android=https://play.google.com/store/apps/details?id=com.vmware.view.client.android
link.chromeos=https://chrome.google.com/webstore/detail/vmware-horizonclient/
pckbpdplfajmgaipljfamclkinbjdnma
link.winmobile=https://www.microsoft.com/en-us/store/p/vmware-horizon-client/9nblggh51p19

特定のクライアント オペレーティング システム用のインストーラ リンクは、portal-links-html-access.properties または oslinks.properties ファイルのいずれかで作成できます。たとえば、Mac OS X システムからポータル ページを参照すると、ネイティブ Mac OS X インストーラのリンクが表示されます。Windows や Linux クライアントの場合、32 ビット版インストーラのリンクと 64 ビット版インストーラのリンクを個別に作成できます。

重要: : View 接続サーバ 5.x 以前のリリースからのアップグレードで HTML Access コンポーネントをインストールしておらず、 Horizon Client ダウンロード用の社内サーバを指定するポータル ページを編集してある場合、これらのカスタマイズは View 接続サーバ 6.0 以降をインストールすると非表示になることがあります。Horizon 6 以降では、 HTML Access コンポーネントが View 接続サーバのアップグレード時に自動的にインストールされます。

View 5.x 用に別途 HTML Access コンポーネントをインストールした場合は、Web ページに行ったカスタマイズはすべて保持されています。HTML Access コンポーネントをインストールしなかった場合、カスタマイズはすべて非表示になります。以前のリリース用のカスタマイズは、使用されなくなった portal-links.properties ファイルに入っています。

手順

  1. View 接続サーバ ホストで、テキスト エディタを使用して portal-links-html-access.properties ファイルを開きます。
    このファイルの場所は CommonAppDataFolder\VMware\VDM\portal\portal-links-html-access.properties です。Windows Server 2008 オペレーティング システムでは、 CommonAppDataFolder ディレクトリは C:\ProgramData です。Windows Explorer で C:\ProgramData フォルダを表示するには、[フォルダ オプション] ダイアログ ボックスを使用して非表示のフォルダを表示する必要があります。

    portal-links-html-access.properties ファイルが存在せず、oslinks.properties ファイルが存在する場合は、<installation-directory>\VMware\VMware View\Server\broker\webapps\portal\WEB-INF\oslinks.properties ファイルを開いて、特定のインストーラ ファイルをダウンロードするために使用する URL を変更します。

    注: : portal-links.properties ファイル( portal-links-html-access.properties ファイルと同じ CommonAppDataFolder\VMware\VDM\portal\ ディレクトリにある)に入っている View 5.x 以前用のカスタマイズです。
  2. 構成プロパティを編集し、適切に設定します。
    デフォルトでは、インストーラ アイコンと HTML Access アイコンの両方が有効で、リンクは VMware Web サイトのクライアント ダウンロード ページを参照します。アイコンを無効にする (Web ページからアイコンを削除する) には、プロパティを false に設定します。
    注: : oslinks.properties ファイルは、特定のインストーラ ファイルへのリンクの構成にのみ使用できます。下記に表示される他のオプションはサポートされません。
    オプション プロパティ設定
    HTML Access を無効にする enable.webclient=false

    このオプションが false に設定されているにもかかわらず enable.download オプションが true に設定されていると、ユーザーは Web ページでネイティブの Horizon Client インストーラのダウンロードを求められます。両オプションが false に設定されていると、次のメッセージが表示されます。「この接続サーバへのアクセスについての説明は、ローカルの管理者にお問い合わせください。」

    Horizon Client のダウンロードを無効にする enable.download=false

    このオプションが false に設定されているにもかかわらず enable.webclient オプションが true に設定されていると、ユーザーに HTML Access のログイン Web ページが表示されます。両オプションが false に設定されていると、次のメッセージが表示されます。「この接続サーバへのアクセスについての説明は、ローカルの管理者にお問い合わせください。」

    Horizon Client をダウンロードするための Web ページの URL を変更します link.download=https:// url-of-web-server

    独自の Web ページを作成する予定がある場合は、このプロパティを使用します。

    特定のインストーラ用のリンクを作成する

    以下に示すのは完全 URL の例ですが、インストーラ ファイルが次の手順の説明のように View 接続サーバの C:\Program Files\VMware\VMware View\Server\broker\webapps\ ディレクトリの downloads ディレクトリにある場合は、相対 URL を使用できます。

    • インストーラをダウンロードするための一般的なリンク:
      link.download=https://server/downloads
    • 32 ビット Windows インストーラ:
      link.win32=https://server/downloads/VMware-Horizon-Client-x86-build#.exe
    • 64 ビット Windows インストーラ:
      link.win64=https://server/downloads/VMware-Horizon-Client-x86_64-build#.exe
    • Windows Phone インストーラ:
      link.winmobile=https://server/downloads/VMware-Horizon-Client-build#.appx
    • 32 ビット Linux インストーラ:
      link.linux32=https://server/downloads/VMware-Horizon-Client-build#.x86.bundle
    • 64 ビット Linux インストーラ:
      link.linux64=https://server/downloads/VMware-Horizon-Client-build#.x64.bundle
    • Mac OS X インストーラ:
      link.mac=https://server/downloads/VMware-Horizon-Client-build#.dmg
    • iOS インストーラ:
      link.ios=https://server/downloads/VMware-Horizon-Client-iPhoneOS-build#.ipa
    • Android インストーラ:
      link.android=https://server/downloads/VMware-Horizon-Client-AndroidOS-build#.apk
    • Chrome OS インストーラ:
      link.chromeos=https://server/downloads/VMware-Horizon-Client-ChromeOS-build#.apk
    ログイン ページの [ヘルプ] リンクの URL を変更します。 link.help

    デフォルトでは、このリンクは VMware の Web サイトにホストされているヘルプ システムを参照します。[ヘルプ] リンクが、ログイン ページの下部に表示されます。

  3. ユーザーに VMware Web サイト以外の場所からインストーラをダウンロードさせるには、インストーラ ファイルを置くことになる HTTP サーバにインストーラ ファイルを配置します。
    この場所は、前の手順の portal-links-html-access.properties ファイルまたは oslinks.properties ファイルで指定した URL に対応している必要があります。たとえば、View 接続サーバ ホストの downloads ディレクトリにファイルを配置するには、以下のパスを使用します。
    C:\Program Files\VMware\VMware View\Server\broker\webapps\downloads

    これで、インストーラ ファイルに対するリンクで /downloads/client-installer-file-name というフォーマットの相対 URL を使用できます。

  4. View Web コンポーネント サービスを再起動します。