デフォルトの HTML Access Agent 証明書を CA によって署名された証明書に置き換えるには、Windows ローカル コンピュータ証明書ストアに CA によって署名された証明書をインポートする必要があります。HTML Access Agent がインストールされている各デスクトップでこの手順を実行します。

前提条件

  • View デスクトップで HTML Access Agent がインストールされていることを確認します。
  • CA によって署名された証明書がデスクトップにコピーされたことを確認します。
  • 証明書のスナップインが MMC に追加されたことを確認します。View デスクトップの MMC に証明書スナップインを追加するを参照してください。

手順

  1. View デスクトップの MMC ウィンドウで、[Certificates (Local Computer)証明書 (ローカル コンピュータ)] ノードを展開して [Personal(個人)] フォルダを選択します。
  2. Actions(操作) ペインで、[More Actions(その他の操作)] > [All Tasks(すべてのタスク)] > [Import(インポート)] に移動します。
  3. [Certificate Import(証明書のインポート)] ウィザードで、[Next(次へ)] をクリックして証明書が保存されている場所を参照します。
  4. 証明書ファイルを選択し、[Open(開く)] をクリックします。
    証明書のファイル タイプを表示するには、 [File name(ファイル名)] ドロップダウン メニューからファイル フォーマットを選択できます。
  5. 証明書ファイルに含まれるプライベート キーのパスワードを入力します。
  6. [Mark this key as exportable(このキーをエクスポート可能にマーク)] を選択します。
  7. [Include all extendable properties(すべての拡張可能なプロパティを含む)] を選択します。
  8. [Next(次へ)] をクリックし、[Finish(完了)] をクリックします。
    新しい証明書は、 [Certificates (Local Computer)証明書 (ローカル コンピュータ)] > [Personal(個人)] > [Certificates(証明書)] フォルダに表示されます。
  9. 新しい証明書にプライベート キーが含まれることを確認します。
    1. [Certificates (Local Computer) (ローカル コンピュータ)] > [Personal(個人)] > [Certificates(証明書)] フォルダで、新しい証明書をダブルクリックします。
    2. Certificate Information(証明書情報) ダイアログ ボックスの General(一般) タブに以下の文が表示されることを確認します。この証明書に対応するプライベート キーがあります。

次のタスク

必要に応じて、ルート証明書と中間証明書を Windows 証明書ストアにインポートします。HTML Access Agent のルート証明書と中間証明書のインポートを参照してください。

適切なレジストリ キーを証明書の拇印で構成します。Windows レジストリへの証明書のサムプリントを設定するを参照してください。