ファイル転送機能を使用して、クライアントとリモート デスクトップ間でファイルを転送(アップロードとダウンロード)できます。アプリケーションへの(または、アプリケーションからの)ファイル転送はサポートされません。

Horizon 管理者は、VMware Blast プロトコルに対する [Configure file transfer] グループ ポリシー設定を変更することにより、ファイルの転送を許可、禁止、または一方向のみ許可するように構成できます。デフォルトはアップロードのみです。VMware Blast プロトコルに [設定されたファイル転送] グループのポリシー設定で、[アップロードとダウンロードの両方が無効] になっている場合、[ファイル転送] ボタンは無効になります。[ファイルのアップロードのみが有効] になっている場合、[アップロード] タブのみが [ファイル転送] ダイアログ ウィンドウに表示されます。[ファイルのダウンロードのみを有効にする] の値が選択されている場合、[ダウンロード] タブのみが [ファイル転送] ダイアログ ウィンドウに表示されます。詳細については、HTML Access グループ ポリシー設定を参照してください。

ダウンロードの場合の最大ファイル サイズは 500 MB、アップロードの場合の最大ファイル サイズは 2 GB です。32 ビット Internet Explorer 11 の場合、300 MB より大きなファイルのダウンロードは機能しない場合があります。この問題を解決するには、Internet Explorer 11 を 64 ビット モードで 実行します。

フォルダまたはサイズがゼロのファイルのダウンロードまたはアップロードはできません。

iOS の Safari および Safari 8 はアップロードもダウンロードもサポートしません。Safari 9 はダウンロードをサポートしません。

ファイル転送がデスクトップ セッションで進行中の状態で、ユーザーが 2 つ目のデスクトップに対する接続を開き、かつセキュリティ警告が表示された場合(たとえば、有効な証明書がインストールされなかった場合に警告が表示される)、この警告を無視して 2 つ目のデスクトップとの接続を継続した場合、最初のデスクトップ セッションでのファイル転送は中断することになります。これは、想定どおりの動作です。

注: : ダウンロード機能は、クリップボード リダイレクトに対するグループ ポリシー設定の影響を受けます。サーバからクライアントへのクリップボード リダイレクトが無効になっている場合、ファイルのダウンロードも無効になります。