DPI 同期機能によって、新しいリモート セッションでリモート デスクトップの DPI 設定がクライアント マシンの DPI 設定と必ず一致するようになります。新しいセッションを開始するときに、Horizon Agent によって、クライアント マシンの DPI 値と一致するようにリモート デスクトップの DPI 値が設定されます。

DPI 同期機能によって、アクティブなリモート セッションの DPI 設定を変更することはできません。既存のリモート セッションに再接続する場合、表示スケーリング機能(有効になっている場合)によって、リモート デスクトップやアプリケーションが適切にスケーリングされます。

[設定] ウィンドウで [高解像度モード] が有効な場合に、DPI 同期機能は有効になります。管理者は、Horizon Agent[DPI Synchronization] グループ ポリシー設定を無効にして DPI 同期機能を無効にできます。構成の変更を有効にするには、ログアウトしてからもう一度ログインする必要があります。詳細については、『Horizon 7 でのリモート デスクトップ機能の構成』を参照してください。

DPI 同期機能を使用する場合、シングルセッションのデスクトップでは Windows 7 以降、RDS ホスト上での公開デスクトップやアプリケーションでは Windows Server 2008 R2 以降、Horizon Agent 7.0.2 以降、および Horizon HTML Access Client 4.4 以降が必要となります。

DPI 同期機能を使用するときのヒントを、次に説明します。

  • クライアント マシンで DPI 設定を変更する場合、Horizon Client にクライアント マシンの新しい DPI 設定を認識させるため、ログアウトしてからもう一度ログインする必要があります。クライアント マシンで Windows 10 が実行されている場合でも、この要件は適用されます。
  • DPI 設定が 100 パーセント以上になっているクライアント マシンでリモート セッションを開始してから、100 パーセント以上の異なる DPI 設定になっている別のクライアント マシンで同じセッションを使用する場合、2 番目のクライアント マシンで DPI を同期するには、2 番目のクライアント マシンでログアウトしてから再度ログインしてセッションに戻る必要があります。
  • Windows 10 および Windows 8.x マシンは異なるモニターで異なる DPI 設定をサポートしますが、HTML Access Client セッションの起動に使用された Web ブラウザがあるクライアント マシンのモニターで設定された DPI 値が、DPI 同期機能で使用されます。HTML Access Client は、異なるモニターで異なる DPI 設定をサポートしません。
  • 管理者が、Horizon Agent[DPI Synchronization] グループ ポリシー設定の値を変更する場合、新しい設定を有効にするためにログアウトしてからもう一度ログインする必要があります。
  • 別の DPI 設定を使用して別のモニターと同期する場合は、リモート デスクトップまたはアプリケーションからログアウトし、HTML Access Client セッションの起動に使用された Web ブラウザを他のモニターにドラッグしてから、リモート デスクトップまたはアプリケーションに再ログインして、クライアント システムとリモート デスクトップやアプリケーションの DPI 設定を一致させます。