使用を許可されているリモート デスクトップおよびアプリケーションに接続するには、Active Directory の認証情報を使用します。

前提条件

  • Active Directory ユーザー名とパスワード、RSA SecurID ユーザー名とパスコード、RADIUS 認証ユーザー名とパスコードなどのログインに使用する認証情報を取得します。
  • ログイン用の NETBIOS ドメイン名を取得します。例として、mycompany.com ではなく mycompany を使用してください。

手順

  1. ブラウザを開き、接続サーバ インスタンスの URL を入力します。
    URL では https を使用し、 https://horizon.company.com のように完全修飾ドメイン名を使用します。
    接続サーバとの接続には常に SSL を使用します。SSL 接続のデフォルト ポートは 443 です。接続サーバがデフォルト ポートを使用するように構成されていない場合、次の例の形式を使用します。 horizon.company.com:1443
    VMware Horizon Web ポータルが表示されます。デフォルトでは、このページに、ネイティブ Horizon Client のダウンロードおよびインストールのアイコンと、 HTML Access 経由で接続するためのアイコンの両方が表示されます。
  2. [VMware Horizon HTML Access] アイコンをクリックします。
  3. [ログイン] ダイアログ ボックスで RSA SecurID の認証情報または RADIUS の認証証明書の入力を求められた場合、ユーザー名とパスコードを入力して [ログイン] をクリックします。
    パスコードには、PIN とトークンで生成された番号が含まれる場合があります。
  4. 再度、RSA SecurID 認証情報または RADIUS 認証情報を入力するダイアログが表示されたら、トークンで次に生成された番号を入力します。
    PIN および、過去に生成され、入力したものと同じ番号は入力しないでください。必要に応じて、新しい番号が生成されるのを待ちます。

    この手順は、最初のパスコードの入力をミスした、または RSA サーバの設定が変更された時にのみ、必要になります。

  5. [ログイン] ダイアログ ボックスで、ログイン認証情報を入力します。
    1. [ユーザー名] フィールドに、usernamedomain\username、または username@domain のいずれかの形式で有効な Active Directory ユーザー名を入力します。
      [ドメイン] フィールドが無効になっている場合、 domain\username または username@domain のいずれかの形式を使用する必要があります。
    2. パスワードを入力してください。
    3. (オプション)[ドメイン] フィールドが有効になっている場合は、ドメイン名が正しく入力されていない場合は、このフィールドから選択します。
    注: : ログイン プロセスを中断するには、ログイン プロセスが完了する前に [キャンセル] をクリックします。
  6. (オプション) リモート デスクトップまたはアプリケーションで使用されるタイムゾーンを手動で設定する必要がある場合は、デスクトップおよびアプリケーション選択画面の右上隅にある [設定] ツールバー ボタンをクリックします。[タイム ゾーンを自動的に設定する] オプションをオフにして、ドロップダウン メニューからタイム ゾーンを 1つ選択します。タイム ゾーンの設定を参照してください。
  7. (オプション) デスクトップおよびアプリケーションの選択画面で、アクセスする項目を選択する前に、お気に入りとしてリモート デスクトップやアプリケーションをマークするには、デスクトップやアプリケーションアイコンの中にある灰色の星をクリックします。
    星のアイコンが灰色から黄色に変わります。次回ログインするときに、ブラウザ ウィンドウの右上部分にある星のアイコンをクリックして、お気に入りのみを表示できます。
  8. アクセスするリモート デスクトップまたはアプリケーションのアイコンをクリックします。
    リモート デスクトップまたはアプリケーションがブラウザに表示ざれます。ナビゲーション サイドバーも利用できます。ブラウザ ウィンドウの左側にあるタブをクリックして、サイドバーを表示できます。サイドバーを使用して、他のリモート デスクトップやアプリケーションにアクセスしたり、[設定] ウィンドウを表示したり、テキストをコピーおよび貼り付けたり、その他の操作を実行したりできます。

次のタスク

デスクトップやアプリケーションに接続した後にすぐ切断され、リンクをクリックしてセキュリティ証明書を受け入れるよう求めるプロンプトが表示さる場合、ユーザーはその証明書を信頼するかどうかを選択できます。自己署名付ルート証明書の信頼を参照してください。