HTML Access Agent が、Windows 証明書ストアへインポートされた CA 署名の証明書を使用できるように、Windows レジストリ キーの証明書サムプリントを構成する必要があります。デフォルト証明書を CA 署名の証明書に交換する各デスクトップでこの手順を実行する必要があります。

前提条件

CA 署名の証明書が、Windows 証明書ストアへインポートされていることを確認します。HTML Access Agent の証明書を Windows 証明書ストアにインポートを参照してください。

手順

  1. HTML Access Agent がインストールされている View デスクトップの MMC ウィンドウでは、[証明書(ローカル コンピュータ)] > [個人] > [証明書]フォルダに移動します。
  2. Windows 証明書ストアへインポートした CA 署名の証明書をダブルクリックします。
  3. [証明書] ダイアログ ボックスで、[詳細] タブをクリックし、スクロール ダウンして、[サムプリント]アイコンを選択します。
  4. 選択したサムプリントをテキスト ファイルにコピーします。
    例: 31 2a 32 50 1a 0b 34 b1 65 46 13 a8 0a 5e f7 43 6e a9 2c 3e
    注: : サムプリントをコピーする場合は、先頭にあるスペースを含めないでください。サムプリントとともに先頭にあるスペースをレジストリ キー(手順 7 )に誤って貼り付けると、証明書は正常に構成されない場合があります。先頭にあるスペースがレジストリの値テキスト ボックスに表示されなくても、この問題が発生する場合があります。
  5. HTML Access Agent がインストールされたデスクトップで Windows レジストリ エディタを起動します。
  6. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\VMware, Inc.\VMware Blast\Config レジストリ キーに移動します。
  7. SslHash 値を修正して、テキスト ボックスへ証明書サムプリントを貼り付けます。
  8. Windows を再起動します。

結果

ユーザーが HTML Access を介してデスクトップへ接続する場合、HTML Access Agent はユーザーのブラウザに CA 署名の証明書を提供します。