構文には、サーバを指定するためのパス部分、また必要に応じて、ユーザー、デスクトップまたはアプリケーション、およびアクションまたは構成オプションを指定するためのクエリが含まれます。

URI 仕様

以下の構文を使用して HTML Access Web Client を起動するための URI を作成します。

https://authority-part[/?query-part]
authority-part
サーバ アドレス、および必要に応じて非デフォルト ポート番号を指定します。サーバ名は、DNS 構文に一致する必要があります。

ポート番号を指定するには、以下の構文を使用します:

server-address:port-number
query-part
使用するための構成オプション、または実行するアクションを指定します。クエリは大文字と小文字の区別がありません。複数のクエリを使用するには、クエリの間にアンパサンド (&) を使用します。クエリが違いに競合する場合、リストの最後のクエリが使用されます。次の構文を使用します:
query1=value1[&query2=value2...]

query-part を作成するときは、以下のガイドラインに注意してください。

  • サポートされているクエリを 1 つも使用しない場合は、デフォルトの VMware Horizon Web ポータル ページが表示されます。
  • クエリ部分では、一部の特殊文字がサポートされていません。それらの文字には URL エンコーディング形式を使用する必要があります。番号記号 (#) には %23、パーセント記号 (%) には %25、アンパサンド (&) には %26、アット マーク (@) には %40、バックスラッシュ (\) には %5C を使用します。

    URL エンコーディングの詳細については、http://www.w3schools.com/tags/ref_urlencode.asp を参照してください。

  • クエリ部分で、非 ASCII 文字は UTF-8 [STD63] に基づいて最初にエンコードされる必要があり、次に対応する UTF-8 シーケンスの各オクテットは、URI 文字として表されるパーセントでエンコードされる必要があります。

    ASCII 文字のエンコードについての詳細は、http://www.utf8-chartable.de/ の URL エンコーディング資料を参照してください。

サポートされるクエリ

このトピックでは、HTML Access Web client でサポートされるクエリを示します。デスクトップ クライアントやモバイル クライアントなどの複数のクライアント タイプ用に URI を作成する場合は、クライアント システムの各タイプの『VMware Horizon Client の使用』を参照してください。

操作
表 1. アクション クエリで使用できる値
説明
browse 指定したサーバにホストされている使用可能なデスクトップおよびアプリケーションのリストを表示します。このアクションを使用しているときに、デスクトップまたはアプリケーションを指定する必要はありません。
start-session 指定したデスクトップまたはアプリケーションを起動します。アクション クエリが提供されず、デスクトップまたはアプリケーション名が提供されなければ、start-sessionがデフォルト アクションとなります。
reset 指定したデスクトップをシャットダウンして再起動します。保存されてないデータは失われます。リモート デスクトップのリセットは、物理 PC のリセット ボタンを押すことに相当します。このアクションは、アプリケーションに有効ではありません。
logoff リモート デスクトップのゲスト OS からユーザーをログオフします。このアクションは、アプリケーションに有効ではありません。
restart 再起動操作の要求をユーザーが確認したら、プライマリ デスクトップをシャットダウンして再起動します。このアクションは、アプリケーションに有効ではありません。
applicationId
アプリケーション表示名。この表示名は、アプリケーション プールの作成時に Horizon Administrator で指定した名前です。表示名にスペースが含まれている場合、ブラウザは %20 を使用してスペースを表します。
args
リモート アプリケーションの起動に追加するコマンドライン引数を指定します。 args= の構文を使用します。 には文字列を指定します。次の文字についてはパーセント エンコーディングを使用します。
  • コロン (:) には、%3A を使用します
  • バック スラッシュ (\) には、%5C を使用します
  • スペース ( ) には、%20 を使用します
  • 二重引用符 (") には、%22 を使用します

たとえば、Notepad++ アプリケーションに "My new file.txt" というファイル名を指定するには、%22My%20new%20file.txt%22 を使用します。

desktopId
デスクトップ表示名。この表示名は、デスクトップ プールの作成時に View Administrator で指定した名前です。表示名にスペースが含まれている場合、ブラウザは %20 を使用してスペースを表します。
domainName
リモート デスクトップやアプリケーションに接続しているユーザーに関連付けられている NETBIOS ドメイン名たとえば、 mycompany.com ではなく mycompany を使用してください。
tokenUserName
RSA または RADIUS ユーザー名。RSA または RADIUS ユーザー名が Active Directory ユーザー名と異なる場合に限ってこのクエリを使用します。このクエリを指定せず、RSA または RADIUS 認証が必要である場合、Windows ユーザー名が使用されます。
userName
リモート デスクトップまたはアプリケーションに接続している Active Directory ユーザーユーザー名は、次のいずれかの形式で指定できます。
  • userName
  • domainName%5CuserName
  • userName@domainName 形式のユーザー プリンシパル名 (UPN)
unauthenticatedAccessEnabled
このオプションが true に設定されている場合、非認証アクセス機能は、デフォルトで有効になります。 HTML Access Web client が起動し、匿名ユーザー アカウントが表示されます。構文の例は、 unauthenticatedAccessEnabled=true です。
unauthenticatedAccessAccount
非認証アクセス機能が有効な場合、このアカウントを使用するように設定します。非認証アクセス機能が無効な場合、このクエリは無視されます。 anonymous1 ユーザー アカウントを使用する場合、 unauthenticatedAccessAccount=anonymous1 のように構文を指定します。