Horizon 管理者は、非認証アクセス機能を使用して、非認証アクセス ユーザーを作成し、これらのユーザーに接続サーバ インスタンスにあるリモート アプリケーションに対する資格を付与できます。非認証アクセス ユーザーは、サーバに匿名でログインして、これらのリモート アプリケーションに接続できます。

前提条件

Horizon 管理者から以下の情報を取得します。

  • サーバに接続するために使用するサーバ名。
  • 匿名でログインするために使用する非認証アクセス ユーザー アカウント。

手順

  1. ブラウザを開きます。リモート アプリケーションへの非認証アクセスが許可された接続サーバ インスタンスに接続するには、次のいずれかの URI 構文を使用します。
    • https://authority-part?unauthenticatedAccessEnabled=true
    • https://authority-part?unauthenticatedAccessEnabled=true&unauthenticatedAccessAccount=anonymous_account

    上の URI 構文の authority-part にはサーバのアドレスを指定します。オプションで、デフォルト以外のポート番号を指定できます。サーバ名は DNS 構文に一致する必要があります。ポート番号を指定するには、server-address:port-number を使用します。anonymous_account は、匿名ログイン用に作成される非認証アクセス ユーザー アカウントです。

    接続サーバとの接続には常に SSL を使用します。SSL 接続のデフォルト ポートは 443 です。接続サーバがデフォルト ポートを使用するように構成されていない場合、次の例の形式を使用します。 horizon.company.com:1443
  2. (オプション)unauthenticatedAccessAccount クエリを指定していない場合には、必要に応じて [ユーザー アカウント] ドロップダウン メニューから非認証アクセス ユーザー アカウントを選択し、[送信] をクリックします。
    使用可能な非認証アクセス ユーザー アカウントが 1 つしかない場合、このユーザー アカウントがデフォルトで選択されます。
    アプリケーション選択ウィンドウが表示されます。
  3. アクセスするリモート アプリケーションのアイコンをクリックします。
    リモート アプリケーションがブラウザに表示ざれます。ナビゲーション サイドバーも利用できます。ブラウザの左側にあるタブをクリックして、サイドバーを表示できます。サイドバーを使用すると、他のリモート アプリケーションへのアクセス、[設定] ウィンドウの表示、テキストのコピー アンド ペーストなどの操作の実行が可能になります。
    注: : 非認証のアプリケーション セッションに再接続することはできません。クライアントから切断されると、RDS ホストはローカルのユーザー セッションから自動的にログオフします。