リモート デスクトップまたはアプリケーションで使用されるタイムゾーンは、ローカル システムのタイムゾーンに自動的に設定されます。ただし、特定の夏時間ポリシーにより、タイムゾーンを正しく特定できない場合、HTML Access クライアントを使用するときにタイムゾーンを手動で設定する必要があります。

リモート デスクトップまたはアプリケーションに接続する前に、適切なタイム ゾーン情報を手動で設定するには、デスクトップおよびアプリケーション選択画面の右上隅にある [設定] ツールバー ボタンをクリックします。[設定] ウィンドウで [タイム ゾーンを自動的に設定する] オプションをオフにして、ドロップダウン メニューからタイム ゾーンを 1つ選択します。

選択した値は、リモート デスクトップまたはアプリケーションに接続するときに優先的に使用されるタイム ゾーンとして保存されます。

リモート デスクトップまたはアプリケーションにすでに接続している場合は、デスクトップおよびアプリケーション選択画面に戻り、現在のタイム ゾーン設定を変更します。

サイドバーからアクセスできる [設定] ウィンドウでは、[タイム ゾーンを自動的に設定する] オプションは使用できません。

注: : [タイム ゾーンを自動的に設定する] オプションが true に設定されている場合、Android システムで Chrome ブラウザを使用するときに Android のシステムのタイムゾーンを変更しても、新しいタイムゾーンはリモート デスクトップに自動的に同期されません。これは、Android システムの Chrome の制約です。選択したタイムゾーンに同期するには、Android と Chrome ブラウザを再起動する必要があります。