グローバル設定を構成して、クライアント セッションおよび接続の動作方法を決定します。

グローバル設定は、単一の Connection Server インスタンスに固有ではありません。スタンドアローンConnection Server インスタンスまたは複製されたインスタンスのグループによって管理されるすべてのクライアント セッションに影響します。

また、Horizon クライアントとリモート デスクトップの間でトンネリングされていない直接接続を使用するように Connection Server インスタンスを構成することもできます。Horizon のインストールの「セキュアなトンネルと PCoIP Secure Gateway を構成する」を参照してください。

手順

  1. Horizon Console で、[設定] > [グローバル設定] の順に選択します。
  2. 全般設定、セキュリティ設定、またはクライアント制限設定を行います。
    オプション 説明
    全般的なグローバル設定 [全般設定] タブで、[編集] をクリックします。
    グローバル セキュリティ設定 [セキュリティ設定] タブで、[編集] をクリックします。
    グローバル クライアント制限の設定 [クライアントの制限の設定] タブで、[編集] をクリックします。
  3. グローバル設定を構成します。
  4. [OK] をクリックします。

次のタスク

インストール中に指定したデータ リカバリ パスワードを変更できます。Horizon のセキュリティの「データ リカバリ パスワードを変更する」を参照してください。