RHEL 8.x 仮想マシン (VM) でスマート カード リダイレクトを設定するには、この機能が依存するライブラリ、スマート カード認証で使用するルート CA 証明書、必要な PC/SC Lite ライブラリをインストールします。

手順

  1. 必要なライブラリをインストールします。
    # yum install -y opensc pcsc-lite pcsc-lite-libs pcsc-lite-ccid nss-tools
  2. pcscd サービスを有効にします。
    # systemctl enable pcscd
    # systemctl start pcscd
  3. /etc/sssd/sssd.conf 構成ファイルに次の行が含まれていることを確認します。これにより、スマートカード認証が有効になります。
    [pam]
    pam_cert_auth = True
  4. 必要な CA 証明書を /etc/sssd/pki/sssd_auth_ca_db.pem にコピーします。
    # openssl x509 -inform der -in certificate.cer -out certificate.pem
    # cp certificate.pem /etc/sssd/pki/sssd_auth_ca_db.pem
  5. スマート カードのステータスを確認するには、次の pkcs11-tool コマンドを実行し、正しい出力が返されることを確認します。
    # pkcs11-tool -L
    
    # pkcs11-tool --login -O
    
    # pkcs11-tool --test --login
  6. PKCS11 モジュールを設定します。
    cp libcmP11.so /usr/lib64/
  7. /usr/share/p11-kit/modules/libcmP11.module ファイルを作成します。次の内容をファイルに追加します。
    # This file describes how to load the opensc module
    # See: http://p11-glue.freedesktop.org/doc/p11-kit/config.html
     
    # This is a relative path, which means it will be loaded from
    # the p11-kit default path which is usually $(libdir)/pkcs11.
    # Doing it this way allows for packagers to package opensc for
    # 32-bit and 64-bit and make them parallel installable
    module: /usr/lib64/libcmP11.so
    priority: 99
  8. PC/SC Lite をバージョン 1.8.8 にアップデートします。
    # yum install -y git flex autoconf automake libtool libudev-devel flex
    # git clone https://salsa.debian.org/rousseau/PCSC.git
    # cd PCSC
    # git checkout -b pcsc-1.8.8 1.8.8
    # ./bootstrap
    # ./configure --build=x86_64-redhat-linux-gnu --host=x86_64-redhat-linux-gnu 
         --program-prefix= --disable-dependency-tracking --prefix=/usr --exec-prefix=/usr 
         --bindir=/usr/bin --sbindir=/usr/sbin --sysconfdir=/etc --datadir=/usr/share 
         --includedir=/usr/include --libdir=/usr/lib64 --libexecdir=/usr/libexec 
         --localstatedir=/var --sharedstatedir=/var/lib --mandir=/usr/share/man 
         --infodir=/usr/share/info --disable-static --enable-usbdropdir=/usr/lib64/pcsc/drivers
    # make
    # make install
  9. SELinux を無効にするには、次の行を含むように /etc/selinux/config 構成ファイルを編集します。
    SELINUX=disabled
  10. Horizon Agent パッケージをインストールして、スマート カード リダイレクトを有効にします。
    # sudo ./install_viewagent.sh -m yes
  11. 仮想マシンを再起動して、再度ログインします。