VMware Horizon のドキュメントへようこそ。VMware Horizon ファミリ製品を展開、構成、使用する方法について説明します。VMware Horizon 8Horizon Cloud Service についても説明します。

オンプレミスまたはパブリック クラウド SDDC に Horizon 8 を展開する場合でも、Microsoft Azure で Horizon Cloud ポッドを構成する場合でも、プライベート クラウドとパブリック クラウドの両方にまたがるハイブリッド環境を管理する場合でも、リリースごとに最新のドキュメントを入手できます。

VMware Horizon 環境の例のアーキテクチャ図については、コンポーネントをひとまとめにする方法を参照してください。

VMware Horizon ドキュメントの概要

VMware Horizon ドキュメントの概要については、この概要ビデオをご覧ください。

この区切り線は、このドキュメント ページのセクションの区切りを表します。

ドキュメントの使用方法 - 管理者向け


このドキュメント マップには、VMware Horizon ドキュメントで推奨のパスが記載されています。

上記のマップを使用し、展開シナリオに基づいてドキュメントの推奨パスに従います。

この区切り線は、このドキュメント ページのセクションの区切りを表します。

ドキュメントの使用方法 - エンド ユーザー

Horizon Client の使用方法については、ご使用のデバイスに対応するクライアント ガイドを開きます。

  • Horizon Client またはブラウザベースの HTML Access アプリケーションを開いている場合は、クライアント ユーザー インターフェイスで [Help] をクリックします。

    クライアント ユーザー インターフェイスのコマンドまたはボタンを使用すると、ヘルプ アクションにアクセスできます。

  • また、目次 (TOC) からクライアント ガイドに移動することもできます。デスクトップ ブラウザで、このページの左側のペインから TOC を探します。モバイル デバイスで TOC ボタン(モバイル デバイスでは、目次ボタンは縦に重なった小さな四角形のように見えます)をクリックします。

たとえば、Windows クライアント ガイドのページを開いて、リモート デスクトップまたはアプリケーションに接続する方法や、リモート セッションでの作業方法を確認できます。

この区切り線は、このドキュメント ページのセクションの区切りを表します。

シナリオ:Horizon 8、クラウドに接続しない

無期限または期間限定ライセンスを使用して Horizon 8 を展開するだけで、クラウドベースのサービスは必要ない場合は、次のパスに従ってドキュメントを参照してください。


Horizon Cloud Service に接続しない Horizon 8 環境の場合は、Horizon 8 とすべての環境用のガイドを使用します。

  1. まず、Horizon の概要と展開計画を参照して、Horizon のセキュリティを理解します。

    これらのガイドでは、VMware Horizon コンポーネントをまとめる方法や 優れたユーザー エクスペリエンスの実現方法について説明されています。また、Blast Secure Gateway のセキュリティ プロトコルや暗号など、セキュリティ機能を計画する方法も説明されています。

  2. 次に Horizon のインストールとアップグレード を参照して、Horizon 8 サーバ コンポーネントをインストールします。新機能、解決した問題、既知の問題については、Horizon リリース ノートを参照してください。

  3. 関連するガイドに進み、Horizon 8管理コンソールの使用方法、仮想マシンに Horizon Agent をインストールする方法デスクトップおよびアプリケーション プールの作成方法を確認します。

  4. 次に、関連するガイドでデスクトップ プールのソース仮想マシンの最適化リモート デスクトップ機能と GPO の構成エンド ユーザー向けの Web クライアントの設定、Horizon Client for Windows のインストール(または他のプラットフォーム用のインストール)の方法を確認します。

    また、クライアント ガイドでは、VMware Blast オプションリモート デスクトップまたはアプリケーションへの接続リモート セッションでの作業など、一般的な手順についても説明されています。Horizon Client の新機能、解決した問題、既知の問題については、お使いのクライアント プラットフォーム用のリリース ノートを参照してください。

この区切り線は、このドキュメント ページのセクションの区切りを表します。

シナリオ:Horizon 8Horizon Cloud Service に接続

Horizon 8 を展開し、Horizon Control Plane サービスによって提供されるクラウドベースの監視および管理機能も利用する場合は、次のドキュメント パスに従ってください。


Horizon Cloud Service に接続する Horizon 8 環境の場合は、Horizon 8 用のガイド、Horizon Cloud Service 用のガイド、すべての環境用のガイドを使用します。

  1. まず、Horizon の概要と展開計画Horizon のセキュリティを参照します。

  2. Horizon インストールとアップグレードを参照して、Horizon 8 サーバ コンポーネントをインストールします。新機能、解決した問題、既知の問題については、Horizon リリース ノートを参照してください。

  3. Horizon ユニバーサル サブスクリプションまたは Horizon Plus サブスクリプション ライセンスを有効にするには、オンボーディング手順に従って Horizon Cloud Connector を展開し、サブスクリプション ライセンスを有効にします。

    また、Horizon Cloud Connector最新バージョンに自動的に更新する方法も学習できます。

  4. 関連するガイドに進み、Horizon 8管理コンソールの使用方法、仮想マシンに Horizon Agent をインストールする方法デスクトップおよびアプリケーション プールの作成方法を確認します。

  5. 次に、関連するガイドでデスクトップ プールのソース仮想マシンの最適化リモート デスクトップ機能と GPO の構成エンド ユーザー向けの Web クライアントの設定、Horizon Client for Windows のインストール(または他のプラットフォーム用のインストール)の方法を確認します。

  6. 関連するガイドで、1 つのコンソールから Horizon Cloud とイメージの管理の Day 2 操作を行う方法を確認します。

この区切り線は、このドキュメント ページのセクションの区切りを表します。

シナリオ:Microsoft Azure での Horizon Cloud

Microsoft Azure に次世代の Horizon Cloud または Horizon Cloud ポッドを展開する場合はこのドキュメント パスに従ってください。


Horizon Cloud Service 環境の場合は、Horizon Cloud Service とすべての環境用のガイドを使用します。

  1. まず、Horizon の概要と展開計画を参照して、Horizon のセキュリティを理解します。

  2. 展開オプションについては、Horizon Cloud Serviceのドキュメントを参照してください。

  3. 関連するガイドを参照して、デスクトップ プールのソース仮想マシンの最適化リモート デスクトップ機能と GPOの構成、Active Directory グループ ポリシー オブジェクト (GPO)を使用した機能ポリシーの定義、エンド ユーザー向けの Web クライアントの設定、Horizon Client for Windows のインストール(または他のプラットフォーム用のインストール)を行います。

    また、クライアント ガイドでは、VMware Blast オプションリモート デスクトップまたはアプリケーションへの接続リモート セッションでの作業など、一般的な手順についても説明されています。Horizon Client の新機能、解決した問題、既知の問題については、お使いのクライアント プラットフォーム用のリリース ノートを参照してください。

この区切り線は、このドキュメント ページのセクションの区切りを表します。

その他のリソース

Horizon 8Horizon Cloud Service の詳細については、次のページを参照してください。

Horizon 8 のリソース Horizon Cloud Service のリソース