VMware Horizon®(VMware Horizon 8) のコンポーネントを設定して、構成する方法について説明します。VMware Horizon を使用すると、IT 部門はデータセンター内でリモート デスクトップおよびアプリケーションを実行し、リモート デスクトップやアプリケーションを管理対象サービスとして従業員に提供することができます。エンド ユーザーは、社内の任意の場所にある複数のデバイスや自宅から使い慣れたパーソナライズされた環境にアクセスできます。管理者は、デスクトップ データをデータセンター内に保持できるため、制御の集中化、効率性、およびセキュリティを確保できます。

VMware Horizon アーキテクチャのイメージ。

VMware Horizon は VMware Horizon 7 の新しいブランディングです。VMware Horizon のバージョン番号は YYMM の形式で表記されます。これはリリース予定の年と月を表します。ビジネス ニーズの変化や、重要なお客様への対応でエンジニアリング スケジュールが変更され、それに伴い、実際のリリース日が変わる場合があります。VMware Horizon 7 のドキュメントについては、VMware Horizon 7 ドキュメント を参照してください。

Horizon ユニバーサル ライセンスと Horizon Cloud Service

Horizon ユニバーサル ライセンスを使用すると、VMware SDDC を使用してパブリック クラウドに展開し、Horizon Cloud Service が提供するクラウドベースのサービスにアクセスできます。詳細については、VMware Horizon Cloud Service のドキュメント を参照してください。

その他のリソース

Digital Workspace Tech Zone のリソース

Digital Workspace Tech Zone には、ビデオ、ガイド、ツール、リファレンス アーキテクチャが 1 か所にまとめられています。VMware エンドユーザー コンピューティング製品の理解、評価、展開に必要な情報をすぐに見つけることができます。