Linux 版 VMware Identity Manager のインストールと構成』では、VMware Identity Manager の Linux ベースの仮想アプライアンスをオンプレミスでインストールおよび構成する情報について説明します。インストールが完了したら、管理コンソールを使用して、組織のアプリケーション(Web アプリケーション、Horizon アプリケーションおよびデスクトップ、Citrix 公開リソースなど)に対する管理対象マルチデバイス アクセスの使用資格をユーザーに付与することができます。また、本ガイドでは、高可用性を実現する展開環境の構成方法についても説明します。

Linux 版 VMware Identity Manager のインストールと構成』では、VMware Identity Manager 仮想アプライアンスを内部ネットワークに展開する情報について説明します。DMZ での VMware Identity Manager のデプロイについては、「DMZ での VMware Identity Manager のデプロイ」を参照してください。

対象者

この情報は VMware Identity Manager の管理者を対象としています。VMware テクノロジ、特に、vCenter™、ESX™、vSphere®、ネットワーキングの概念、Active Directory サーバ、データベース、バックアップとリストアの手順、SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)、および NTP サーバに精通している、Windows および Linux のシステム管理者向けに記述されています。VMware ThinApp® および RSA SecurID など、その他のテクノロジの知識も、これらの機能の実装を計画している場合に役立ちます。