VMware Identity Manager には、Java Runtime Environment (JRE) が必要です。

必要な JRE バージョンは、VMware Identity Manager インストーラにパッケージングされています。VMware Identity Manager をアップグレードするときには、JRE バージョンもアップグレードするように求められます。

後から VMware Identity Manager サーバで JRE をアップグレードする場合は、次の手順を実行して、JRE のアップグレード後も VMware Identity Manager サービスが正常に動作することを確保します。

注:

JRE が自動的にアップグレードされた場合は、アップグレード後に手順 3 ~ 4 を実行します。

手順

  1. VMware IDM、Elasticsearch、および VMware IDM Cert Proxy サービスを停止します。
  2. 新しいバージョンの JRE をインストールします。
  3. 新しい JRE を参照するように JAVA_HOME 環境変数を更新します。
  4. VMware IDM、Elasticsearch、および VMware IDM Cert Proxy サービスを再起動します。