SMTP サーバ設定を構成して、VMware Identity Manager サービスから E メール通知を受信します。たとえば、新しいローカル ユーザーが作成されたとき、パスワードがリセットされたとき、または自動検出検証トークンが使用されたときに、E メール通知が送信されます。

手順

  1. VMware Identity Manager コンソールにログインします。
  2. [アプライアンス設定] タブをクリックし、[SMTP] をクリックします。
  3. SMTP サーバのホスト名を入力します。

    例:smtp.example.com

  4. SMTP サーバのポート番号を入力します。

    例:25

  5. (オプション)SMTP サーバで認証が必要な場合、ユーザー名とパスワードを入力します。
  6. [保存] をクリックします。
  7. E メール通知の送信者のアドレスをカスタマイズするには、アドレスを runtime-config.properties ファイルに追加します。
    1. VMware Identity Manager マシンにログインします。
    2. /usr/local/horizon/conf/runtime-config.properties ファイルを編集し、次のプロパティを追加します。

      notification.emails.support=emailaddress

      例:

      notification.emails.support=admin@example.com

    3. ファイルを保存します。
    4. マシンを再起動します。

      <install dir>\usr\local\horizon\scripts\horizonService.bat restart

    これで、送信者のアドレスがデフォルトの no-reply@vmwareidentity.com からカスタム アドレスに変更されます。